Column

Amazonコンサル・運用代行の費用相場は?料金体系の2つの注意点も解説

  • Amazonコンサルや運用代行の費用は?
  • コンサルと運用代行で費用はどれくらい違う?
  • 料金体系で注意するポイントはある?

上記のようにお悩みではないでしょうか。

コンサルや運用代行を活用することで、Amazon売上を素早く・効率よく拡大できます。しかし費用相場がわからない状態では、社内準備の進行や見積もりが適正価格かどうかの判断ができません。

本記事ではAmazonコンサル・運用代行の費用相場や一般的な料金体系、費用に関する注意点などを解説します。「コンサル・運用代行を活用してAmazonの利益を伸ばしたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

Amazonで売上を上げるための完全攻略資料

無料で資料を受け取る

Amazonコンサル・運用代行の費用相場

Amazonコンサル・運用代行の費用相場は次のとおりです。

費用相場(/月)メリットデメリット
コンサル5万円〜30万円自社にノウハウが蓄積する実働部分で社内リソースが必要
運用代行10万円〜50万円+成果報酬社内リソースがほとんど必要ない自社にノウハウが蓄積しづらい

コンサルと運用代行は一長一短で、一概にどちらがいいとは言えません。自社の状況にあわせて適した契約を選びましょう。

下記では、コンサルと運用代行それぞれの費用相場をより詳しく解説します。

Amazonコンサルの費用相場|5万円〜30万円/月

Amazonコンサルの費用相場は「5万円〜30万円/月」です。

コンサル契約では、ノウハウやリサーチ結果などの情報に対して費用を支払います。Amazon運営実務は自社スタッフが行う形式で、コンサルタントの実働時間が短いため運用代行よりも安価です。

下記のような「テーブル制」の料金体系が多いことから、コンサルを受けるAmazonショップの月商が月額費用にもっとも大きく影響します

月商テーブル月額費用
〜100万円5万円
100万円〜1,000万円15万円
1,000万円〜30万円
※実際の費用例ではありません

Amazonコンサルを受ける際は利益の伸びしろと費用の釣り合いを加味して、費用対効果を見極めてから依頼しましょう。

Amazon運用代行の費用相場|10万円〜50万円+成果報酬/月

Amazon運用代行の費用相場は「10万円〜50万円+成果報酬/月」です。

運用代行の場合、Amazon運営実務を丸投げするため定例ミーティングを除けば社内リソースの稼働はほとんどありません。一方でコンサルタント(運用代行業者)の実働は増えるため、コンサル契約よりも費用が高くなります。

月商が増えるほど作業量が多くなること・ほとんどの会社が成果報酬を導入していることから、運用代行でもAmazonショップの売上規模に応じて月額費用が高くなる料金体系が一般的です

また下記のように業務ごとにオプションを用意することで、ミニマムプランを安く設定している会社も存在します。

オプション内容費用
Amazon広告の運用代行月額広告費の10%〜20%
商品画像の作成代行5万円〜
商品ページ作成代行5万円〜

各社でホームページに記載されている料金体系に違いがある点に留意しましょう。

Amazonコンサル・運用代行の費用に関する2つの注意点

Amazonコンサル・運用代行の費用に関する注意点は次の2つです。

  • 費用と対応内容を合わせて確認する
  • 将来的な利益まで考慮して判断する

上記を把握しておかないと費用対効果を見誤る可能性が高くなります。下記で解説するので、参考にしてください。

1. 費用と対応内容を合わせて確認する

特にAmazon運用代行を依頼する際は、費用と対応内容を合わせて確認しましょう。料金体系によって、費用は安いが対応範囲が狭い=オプション追加が必要な場合や、高いけれどデフォルトで幅広く対応してくれる場合があります

また単純な作業量だけではなく品質面も対応内容の一部です。たとえば社内にデザイナーやコピーライターがいる運用代行会社の場合、CVRの高い商品ページを制作できます。他社より割高であっても、料金以上の効果が見込めるのであれば問題ありません

Amazon運用代行会社を選ぶ際は、対応してもらいたい内容での費用を確認・比較しましょう。料金体系が会社によって異なるため、ホームページで確認するよりも見積もりを取ってしまったほうが早いケースも多いです。

2. 将来的な利益まで考慮して判断する

Amazonコンサル・運用代行の費用に関する注意点の2つ目は、将来的な利益まで考慮することです。

たとえば「コンサル費+自社スタッフ人件費」と「運用代行費」を比較すると、後者のほうが安く済む場合が多いです。しかし後者は自社にノウハウが蓄積されないため、Amazon事業を続ける限り運用代行費を支払わなくてはなりません。前者で進めてインハウス化が成功し自社スタッフの人件費だけで済むようになれば、結果的に運用代行費よりもコストを圧縮できる可能性があります。

ただし自社スタッフの人件費には、採用費や教育費といった初期投資も加味しなくてはなりません。運用代行と比較して赤字期間が長くなる可能性も想定する必要があり「コンサルと運用代行のどちらが利益的か」は慎重に判断しましょう

まずは運用代行で依頼して、徐々にコンサル→インハウス化と進めていくことも可能です。自社のリソース状況や目的との兼ね合いを考慮したうえで依頼することが必要となります。

Amazonコンサル・運用代行ならFORCE-R

FORCE-Rでは、クライアント様の様々な状況に応じて最も適切なご提案を行っております

  • 代理店に依頼しているが、現状の運営や成果に不安があるため相談してみたい
  • 担当者が辞めてしまうが引継ぐ人がいない
  • 内製化か外注化か悩んでいる
  • 完全成果報酬でコンサルや運用代行を依頼したい

上記のようなお悩みをお伺いしたうえで、貴社独自のパッケージを組みご提案をさせていただきます。

まずは一度、お気軽にお問い合わせください。

FORCE-Rの費用

弊社では、対応内容や費用を厳密にパッケージ化していません。お客様の課題や状況にあわせて柔軟に対応いたします。

目安として「コンサルティング+運用代行」でご依頼いただいた場合の一例は次のとおりです。

初期費用5万円※
月額費用25万円〜
成果報酬5%
契約期間半年/1年
サービス内容戦略設計や広告運用、コンテンツ制作など
※1年契約の場合は無料

上記プランでは、運用代行とノウハウ提供の同時並行によって「手をかけずにAmazon運営を進めながらも社内にノウハウが蓄積する状況」を実現いたします。将来的なインハウス化を見据えつつ、まずは運用代行を依頼したい場合におすすめです。

運用代行/コンサルティングどちらか片方だけでのご依頼もお受けいたします。まずはお気軽にご相談ください。

Amazonコンサル・運用代行の費用まとめ

本記事ではAmazonコンサル・運用代行の費用について解説しました。費用相場をあらためてまとめます。

費用相場(/月)メリットデメリット
コンサル5万円〜30万円自社にノウハウが蓄積する実働部分で社内リソースが必要
運用代行10万円〜50万円+成果報酬社内リソースがほとんど必要ない自社にノウハウが蓄積しづらい

Amazonのコンサルや運用代行は、費用と対応内容を合わせて確認することが重要です。見積もりを比較したうえで、信頼できる会社を選びましょう。

「Amazonコンサルをどこに依頼すればいいかわからない」「将来的なインハウス化も見据えたうえで運用代行を依頼したい」とお悩みの方は、ぜひFORCE-Rへお問い合わせください。貴社の目的達成に向けて最適なプランをご提案いたします。

アバター画像

執行役員 WEBコンサルティング事業部 ECグループ:本多 一成

EC事業会社にて、Amazon/楽天/Yahoo!ショッピングの運営、物流・CSなどに携わる。 その経験をもとに、各モールのコンサルタントとしてFORCE-Rに従事。 楽天市場が得意。担当案件では前年比200%の売上達成した実績も。

Pickup
注目記事