Column

Amazon広告代理店はどう選ぶ?運用代行のメリット・デメリットも解説!

  • Amazon広告の代理店はどう選べばいい?
  • Amazon広告運用代行を依頼する際の注意点は?
  • Amazon広告運用代行にかかる費用は?

Amazon売上を拡大していくうえでAmazon広告は避けられない施策です。しかし効果的な配信にはスキル・経験が必要であり、社内にノウハウがなければAmazon広告の運用代行を利用することも効果的な選択肢の1つでしょう

本記事ではAmazon広告運用代行を依頼するメリットや注意点、費用、代理店の選び方などを解説します。「Amazon広告を活用して売上を伸ばしたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

Amazonで売上を上げるための完全攻略資料

無料で資料を受け取る

Amazon広告運用代行を依頼する3つのメリット

Amazon広告運用代行を依頼するメリットは次の3つです。

  • ノウハウがない状態でも効果的な広告運用をできる
  • 費用対効果を合わせやすい
  • 社内リソースを確保できる

メリットを把握しておくことで費用対効果を予測しやすくなります。特に初めて代理店に依頼する場合は、入念に確認しておきましょう。

1. ノウハウがない状態でも効果的な広告運用をできる

代理店に依頼する1つ目のメリットは、社内にノウハウがない状態でも効果的なAmazon広告運用を行えることです。

キーワードやターゲティングをただ設定をするだけでは、効果的なAmazon広告運用はできません。戦略的なアカウント設計や予算効率を考えたターゲティング設定、運用開始後の効果検証など幅広い能力が求められます。インハウスで広告運用する場合には、まずは担当者がAmazon広告運用のスキルを学ぶところから始めなくてはなりません。

一方で運用代行契約であればAmazon広告の運用実務は代理店に丸投げするため、社内のノウハウは不要です。学習時間をカットして効果的なAmazon広告運用をスタートできます

2. 費用対効果を合わせやすい

費用対効果を合わせやすいことも、Amazon広告運用代行を依頼するメリットの1つです。

代理店はさまざまな案件・商材での経験や運用スキルを持っています。インハウスであれば自社の担当者がテストを積み重ねて地道に獲得していくであろうノウハウも、代理店の運用者はすでに蓄積している可能性が高いです

代理店に依頼することで、初動から効果的なキーワードやターゲティング、クリエイティブを設定してくれるため短期間で費用対効果を合わせられます。後述する運用代行手数料を加味しても、インハウスで代理店よりも効果の高い運用を行うことは簡単ではありません。

3. 社内リソースを確保できる

Amazon広告運用代行を依頼するメリットの3つ目は社内リソースを確保できることです。

効果的なAmazon広告運用を続けるためには、日々の調整だけではなく継続的な学習や最新情報のキャッチアップが求められます。多くの運用者が在籍する代理店であればノウハウ・情報が自然と耳に入る一方で、少数のインハウス担当者で完結させる場合は多くの学習コストを割かなくてはなりません。

運用や情報のキャッチアップを丸ごとアウトソースすることで、社内リソースを大きく確保することが可能です。Amazon広告運用代行を依頼することで確保したリソースを、新規リサーチや商品開発などのコア業務に集中させられれば、より効率的に売上を伸ばせます

Amazon広告運用代行を依頼する際の3つの注意点

Amazon広告運用代行を依頼する際は、注意したいポイントが3つあります。

  • 広告配信費ではない手数料が発生する
  • 対応が遅くなる場合がある
  • 代行だけの場合は社内にノウハウを蓄積できない

運用代行を依頼してから注意点に気づくと、予算や準備にかけた労力が無駄になってしまう可能性があります。あらかじめ確認し、メリット・デメリットの両面を把握しておくことが重要です。

1. 広告配信費ではない手数料が発生する

Amazon広告運用代行を依頼する際の1つ目の注意点は、広告配信費とは別に「運用代行手数料」が発生することです。

多くのAmazon広告代理店は広告配信費の20%相当額を運用代行手数料として設定しています。たとえばAmazon内での広告配信費に100万円の予算を投入したい場合、総額120万円を目安に予算を用意しなくてはなりません

【 100万円(広告配信費) + 20万円(運用代行手数料) = 120万円(予算総額) 】

広告配信費+運用代行手数料という料金体系であることを覚えておきましょう。なお、広告配信費および運用代行手数料の詳細は後述します。

2. 対応が遅くなる場合がある

インハウスと比較して対応が遅くなる場合があることも、Amazon広告運用を代理店に依頼する際の注意点です。

自社の広告運用に集中するインハウス担当者と異なり、代理店の担当者は複数のクライアントを同時に受け持っています。自社ショップの広告運用につきっきりではないため、急な依頼にすぐ対応できるとは限りません。「急ぎで」と伝えれば汲み取ってくれる場合がほとんどですが、打ち合わせのために外出中で物理的に対応できない場合もあります。

代理店に依頼する場合は、急な対応が難しい点を把握しておきましょう。イベントや新商品の追加など事前に把握できる内容は、早め早めに共有することで対応の遅れをなくせます

3. 代行だけの場合は社内にノウハウを蓄積できない

広告運用代行だけを依頼する際は、社内のノウハウ蓄積が難しい点も注意しましょう。

運用代行を依頼すると、自社スタッフが運用実務に携わる機会がほとんどありません。代理店の定例レポートで数値や施策内容を把握できても、実務的な運用ノウハウを得ることは難しいでしょう

将来的にインハウスでのAmazon広告運用を検討している場合は「運用代行+コンサル」形式での契約をおすすめします。まずは運用代行で費用対効果よくAmazon広告を配信しつつ、コンサルによって自社にノウハウを蓄積していくことが可能です。

Amazon広告運用代行の料金体系・費用相場

Amazon広告運用代行の料金体系は「広告配信費用+運用代行手数料」です。運用代行を始めた初月のみ「初期費用」がかかる場合があります。

費用項目相場・目安
広告配信費用(Amazonへ支払い)5万円〜/月
初期費用(代理店へ支払い)0円〜10万円/初月のみ
月額手数料(代理店へ支払い)5万円〜/月

下記では、それぞれの費用項目に含まれる具体的な対応内容や料金設定などを解説します。

Amazonに支払う広告配信費用:5万円〜/月

Amazonでの広告配信自体にかかる費用は月額5万円〜が目安です。

Amazon内で配信するスポンサー広告には最低出稿金額が決まっていません。最大限の獲得を狙った場合の費用は商材やターゲティング、競合度合いなどによって異なりますが、テスト的な配信であれば1日1,000円程度から出稿可能です。

ただしAmazon DSPでは最低出稿金額が定められています。月額35,000米ドル(およそ300万円〜400万円)以上の予算規模でなければ配信できないため注意しましょう。

代理店に支払う初期費用:0円〜10万円/初月のみ

Amazon広告運用代行を依頼する際、代理店に支払う初期費用の目安は0円〜10万円です。

Amazon広告では、運用開始前に下記のようなさまざまな作業が発生します。

  • 市場/競合リサーチ
  • アカウント設計
  • キーワード選定
  • ターゲティング設定

運用成果に直結する部分であること・1,2時間で終わる簡単な内容ではないことから、初期費用を設定している代理店が多いです。初期費用を設けていない代理店も存在しますが、初期費用の有無ではなく対応の品質で判断することをおすすめします。

代理店に支払う月額手数料:5万円〜/月

Amazon広告代理店に支払う運用代行手数料の目安は月額5万円〜です。契約内容にもよりますが、多くの代理店が広告配信費用の20%程度に設定しています

広告配信費用運用手数料Amazon広告にかける総額費用
50万円10万円60万円

ただし月額5万円もしくは10万円を最低手数料金額として設定している代理店が多いです。Amazon広告の配信予算が25万円以下であっても、手数料金額は5万円で想定しておきましょう。

手数料を成果報酬制にしている代理店も存在します。成果報酬制の場合は、売上金額の5%程度が手数料の目安です。

Amazon広告運用代行の発注先を選ぶ5つのポイント

Amazon広告運用代理店を選ぶポイントは次の5つです。

  • Amazon広告運用での売上拡大実績があるか
  • クリエイティブ制作に対応しているか
  • 将来的にインハウス移行ができる支援体制か
  • Amazon SEO対策や楽天広告運用も依頼できるか
  • 担当者に会って相性を確認できるか

代理店によってノウハウや対応品質が異なるため、代理店選びを間違えると思った成果を出せない可能性があります。以下で解説するポイントを参考にして、慎重に比較検討してください。

1. Amazon広告運用での売上拡大実績があるか

Amazon広告運用代行の発注先を選ぶ1つ目のポイントは、Amazon広告での売上拡大実績の有無です。

代理店の実力を外部から判断する方法はほとんどありません。ホームページや提案資料などで過去の実績を確認しましょう。自社商品と類似ジャンルでの実績がある代理店であれば、より信頼できます。

問い合わせすることでホームページよりも詳細な事例・実績を提示してくれるケースもあるため、気になる代理店があればまずは問い合わせてみましょう。

2. クリエイティブ制作に対応しているか

Amazon広告代理店を選ぶポイントの2つ目は、クリエイティブ制作に対応しているかどうかです。

スポンサーブランド広告やスポンサーディスプレイ広告では、静止画/動画クリエイティブの制作が必要になります。クリエイティブを内製できる代理店であれば、運用者とデザイナーが密に連携することで効果的なクリエイティブを制作できる期待値が高いです

商品ページの改善が必要になった場合にも、デザイン部署がある代理店であれば制作を依頼できます。Amazon広告運用代行はクリエイティブ制作に対応している代理店に依頼しましょう。

3. 将来的にインハウス移行ができる支援体制か

将来的にインハウス移行できる支援体制かどうかも、Amazon広告の運用代理店を選ぶポイントです。具体的には下記のようなプランを用意している代理店を選びましょう。

  • 運用代行で始めて、コンサルに移行できるプラン
  • 運用代行+コンサルで始められるプラン

現状インハウス化を検討していなくても、組織体制や事業運営の変化にともなってインハウス化の必要性が出てくる場合があります。最初は運用代行のみを依頼する想定であっても、インハウス支援も行っているAmazon広告代理店への発注がおすすめです。

4. Amazon SEO対策や楽天広告運用も依頼できるか

Amazon広告運用だけではなく、Amazon SEO対策や楽天広告運用も依頼できる代理店を選びましょう。

Amazon施策が広告運用だけで完結することはありませんし、EC事業がAmazonだけで完結することもありません。現状はAmazon広告以外のサポートが必要なくても、将来的に市場や競合の変化によってほかの領域も依頼を検討する可能性があります。

Amazon広告運用代行をはじめとした各施策を一社に丸投げできれば、シナジーの創出・コミュニケーションコストの削減が可能です。Amazon広告にとどまらず幅広い施策に対応できる代理店かどうか見極めましょう。

5. 担当者に会って相性を確認できるか

Amazon広告代理店を選ぶポイントの5つ目は、担当者に会って相性を確認できるかです。

営業と運用担当が完全な分業になっている場合、運用を始めてから「事前の打ち合わせと話が違う」となる可能性があります。またあくまで人間同士のやり取りであり、担当者との相性の良し悪しによって仕事の進めやすさも変わるでしょう。

契約前に担当者に会って、相性を確認したり認識を擦り合わせたりできる代理店を選ぶと安心です。ヒアリングに担当者が同席していると、より認識の食い違いを抑えられます。

Amazon広告運用代行・コンサルならFORCE-R

FORCE-Rでは、クライアント様のさまざまな状況に応じて最も適切なご提案を行っております

  • Amazon広告運用を代理店に依頼しているが、成果に不安があり相談してみたい
  • 担当者が辞めてしまうが、引き継ぐ人がいない
  • Amazon広告運用を内製化するか外注化するか悩んでいる
  • 完全成果報酬でAmazon広告運用代行を依頼したい

上記のようなお悩みをお伺いしたうえで、貴社独自のパッケージを組みご提案をさせていただきます

まずは一度、お気軽にお問い合わせください。

FORCE-RのAmazon広告実績

FORCE-Rにご相談いただいたクライアント様のAmazon広告改善事例を一部ご紹介します。

コスメ系メーカー様

■ 数値結果

月間広告費月間CV数CPACVR
改善前15万円38件4,000円1.8%
改善後24万円160件1,500円4.1%

■ 実施施策

  • ターゲティングの修正およびチューニングによる運用改善
  • 商品ページの改善によるCVR向上

食品系メーカー様

■ 数値結果

月間広告費月間CV数CPACVR
改善前850万円11,972件710円18.8%
改善後800万円12,945件618円19.2%

■ 実施施策

  • 費用対効果の悪いターゲティングへの露出を削減し、予算設計を見直し
  • 無駄な広告費の削減によるACoS(売上高広告費率)の改善

ガジェット系メーカー様

■ 数値結果

月間広告費月間CV数CPACVR
改善前46万円508件906円5.07%
改善後60万円960件625円5.27%

■ 実施施策

  • 自動運用に任せきりの状態から手動運用に切り替え
  • チューニングによる運用改善

まとめ|Amazon広告運用代行を活用して売上を伸ばそう

Amazon広告を効果的に運用したい場合は、代理店に運用代行を依頼することを検討しましょう。蓄積した経験・ノウハウを用いて、費用対効果の改善・売上拡大に貢献してくれます

代理店選びによって広告成果が大きく変わる場合もあるため、まずは問い合わせをして実績や対応内容を詳しく聞いてみることが重要です。自社の課題感をもとにAmazon広告運用について相談してみてください。

FORCE-Rでは、200社以上の支援実績を活かしてAmazon広告運用代行を行なっております。Amazon広告にとどまらず、Amazon SEO対策や楽天市場・Yahoo!ショッピングなどでの広告運用代行も可能です。

「Amazon広告運用の費用対効果を改善したい」「インハウス化も検討しつつまずは運用代行を依頼したい」という方は、ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。

アバター画像

執行役員 WEBコンサルティング事業部 ECグループ:本多 一成

EC事業会社にて、Amazon/楽天/Yahoo!ショッピングの運営、物流・CSなどに携わる。 その経験をもとに、各モールのコンサルタントとしてFORCE-Rに従事。 楽天市場が得意。担当案件では前年比200%の売上達成した実績も。

Pickup
注目記事