Column

楽天市場のサムネイルはガイドラインを遵守!要件や判定ツールを解説

  • 楽天市場においてサムネイルに注力する意味は?
  • サムネイル作成に関連するガイドラインの内容は?
  • ガイドラインに違反しているかどうか判定できるツールってある?

上記のようにお悩みではないでしょうか。

楽天市場で1つでも多くの商品を販売するためには、魅力的なサムネイルを作成しユーザーに興味を持ってもらうことが重要です

しかしサムネイルをはじめとした商品画像には厳格なガイドラインが定められており、違反するとペナルティを課される場合もあります。サムネイル画像を作成する前に、楽天が定めるガイドラインを確認しておかなくてはなりません。

本記事では楽天市場におけるサムネイル作成ガイドラインの要件や違反した場合のペナルティ、適合/非適合の判定ツールなどを解説します。「楽天市場のサムネイルを作成したいが、どのような画像にしたらいいかわからない」という方はぜひ参考にしてください。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

楽天市場におけるサムネイルの重要性

楽天市場でサムネイルが重要な理由は、商品の売上に大きく影響するためです

ユーザーが楽天市場内で商品を検索したとき、サムネイルがもっともユーザーの目を引く要素となります。サムネイルでユーザーの意識を惹きつけることができれば、クリック率(CTR)が高まりアクセス数が増えるため売上を後押しできます

検索結果画面では多数のサムネイルが並列されるため、商品の魅力を伝えつつ競合他社との差別化を図らなくてはなりません。効果的なサムネイル画像を作成・模索するために、さまざまな表現を試したくなるはずです。

しかし楽天市場におけるサムネイル作成にはガイドラインが定められています。違反すると重いペナルティを課される可能性もあるため、ガイドラインを把握した上でサムネイル作成に当たりましょう

楽天市場のサムネイル作成ガイドラインの4つの要件

楽天市場のサムネイル作成ガイドライン(正式名称は商品画像登録ガイドライン)では、次の4つの要件がポイントです。

  • テキスト要素の占有率を20%以下に抑える
  • 枠線を使用しない
  • 写真もしくは白でベタ塗りの背景のみを使用する
  • アニメーションGIF画像を使用しない

ガイドライン違反を避けるためには、すべてのポイントを守らなくてはなりません。把握できていなかったものがあれば、特に入念に確認しておきましょう。

1. テキスト要素の占有率を20%以下に抑える

引用:楽天市場出店規約

楽天のサムネイル作成ガイドラインで守るべきポイントの1つ目は、テキスト要素の占有率を20%以下に抑えることです。テキスト要素にはキャッチコピーだけではなくロゴや商品名、権威性マークなども含まれます。

20%以下の判断基準は、サムネイル画像全体を100マスに分割した際にテキスト要素が含まれるマスが20マス以下であること。下記画像の右下部分のように文字ではなく背景要素の一部だけがマスに含まれている場合でも、テキスト要素が含まれるマスという判定になるため注意しましょう。

引用:楽天市場出店規約

2. 枠線を使用しない

楽天サムネイル作成ガイドラインの2つ目のポイントは、枠線を使用しないことです。

4辺の囲み枠やL字、帯など形状を問わず枠線の使用は禁止されています。囲み枠は広告バナーでもよく見られる手法で、サムネイルを目立たせてクリックを増やすために有効です。サムネイル画像にも取り入れたくなりますが、楽天市場では認められていません。

また厳密には枠線ではない要素であっても、ガイドライン非適合と判断される場合があります。具体的には下記画像の赤い四角形のような背景要素です。

引用:楽天市場出店規約

特に四角形のテキスト背景をつける場合、枠線とみなされてガイドライン非適合となる可能性が高いため注意しなくてはなりません。背景をつけて文字を目立たせたければ、丸やイラストなど四角形以外のデザインを利用しましょう

3. 写真もしくは白でベタ塗りの背景のみを使用する

引用:楽天市場出店規約

楽天市場のサムネイル画像で仕様が認められている背景は、写真背景もしくは白背景のみです。

使用できる背景の種類概要
写真背景商品と一緒に撮影された背景
白背景カラーコード「#FFFFFF(R255, G255, B255)」のベタ塗り背景

商品画像と一緒に撮影されたもの以外の背景画像を合成することや、黒や赤など白以外の色のベタ塗りを背景に使用することは認められていません。

写真背景であっても、下記のようにベタ塗りとの区別が難しいものはガイドライン非適合と判断される可能性があります

引用:楽天市場出店規約

写真背景を利用する場合は一色だけの背景を使用せず、利用シーンを想像させたり商品の魅力を引き立たせたりする画像にしましょう。

背景を有効活用して商品の魅力を伝えられれば、クリック率や転換率の向上も見込めます。たとえばソファーの場合、白背景ではなくモデルルームに配置した画像を使用している店舗が多いです。

4. アニメーションGIF画像を使用しない

楽天サムネイル作成ガイドラインの4つ目のポイントは、アニメーションGIFを使用しないことです。

アニメーションGIFとは、 複数の画像を連続で表示させたGIF形式の画像を指します。画像の一部だけが動くシネマグラフ、同一画像を複数枚表示させて動きがないGIF画像もNGとされているため注意が必要です。

楽天市場においてサムネイル画像でのGIF画像の使用禁止は、2019年8月から遵守必須、2020年9月から違反対象となりました。比較的新しい項目であり、記事によっては触れられていない場合もあるため覚えておかなくてはなりません。

サムネイル作成ガイドラインに違反するとどうなる?

楽天市場のサムネイルがガイドラインを遵守できなかった場合「商品画像登録ガイドラインに反する行為」に該当して違反点数5点が課されます

違反点数が貯まると下記のようなペナルティを受けます。

  • 検索対象外になる
  • 楽天スーパーSLAEサーチから削除される
  • RPP広告を利用できなくなる

ペナルティを受けてしまうと、購入割合の多くを占める検索ユーザーにアプローチできません。売上を大きく落ち込ませる可能性があるため、ガイドラインに違反しないように注意しながらサムネイル画像を作成してください。

サムネイルのガイドライン違反を簡単に判定できる3つのツール

楽天市場で利用したい/利用しているサムネイルがガイドラインを遵守できているかどうかを判定するには、次の3つのツールが便利です。

ツール特徴判定できる画像
商品画像判定ツール・「◎」「△」「×」の3段階で適合度合いを判定できる
・1枚ずつツールにかける必要があるが、結果が出るまでが早い
登録済みのサムネイル画像
商品画像一括判定ツール・「◎」「△」「×」の3段階で適合度合いを判定できる
・100枚まで一括でツールにかけられるが、結果が出るまでが遅い
登録済みのサムネイル画像
テキスト要素カウントツール・テキスト要素が占める割合をクリックだけで簡単に判定できる未登録のサムネイル画像

ガイドラインを把握していても、自分で正しく判定できるとは限りません。特にテキスト要素に関してはサムネイル画像を100マスに分割する特殊な基準となっているため、専用ツール以外での判断は困難です。

目的やタイミングに合わせて、下記で紹介するツールを積極的に利用しましょう。

1. 商品画像判定ツール

「商品画像判定ツール」は、登録済みの商品画像(1)(=サムネイル画像)がガイドラインを満たしているかどうか判断できるものです。判定は次の3段階で行われます。

判定概要
ガイドラインを満たしている
ガイドラインに違反しているわけではないが、修正が推奨される
×ガイドラインに違反していて、修正が必要である

商品画像判定ツールの利用方法は下記のとおりです。

  1. RMSにログインする
  2. 判定したいサムネイル画像を登録している商品の編集画面を開く
  3. 「画像判定」ボタンをクリックする

項目ごとに判定結果が表示されるため「△」もしくは「×」になっていれば修正しましょう。

2. 商品画像一括判定ツール

「商品画像一括判定ツール」は、登録済みの商品画像(1)(=サムネイル画像)がガイドラインを満たしているかどうか、200枚まで一括で判断できるツールです。下記の手順で利用できます。

  1. RMSにログインする
  2. R-Cabinetの「画像一括登録/削除/商品画像一括判定」ページに進む
  3. 「商品画像一括判定依頼」をクリックする
  4. 専用のフォーマットをダウンロードする
  5. 判定したい画像URLを記入する
  6. ファイルをアップロードして「確認を依頼」をクリックする

判定が終わったらメールで通知が来ます。ファイルをダウンロードして結果を確認しましょう。

「商品画像判定ツール」と比べると1回の判定に時間がかかりますが、まとめて判定できるため便利な機能です。チェックしたいサムネイル画像が複数ある場合には「商品画像一括判定ツール」をおすすめします。

3. テキスト要素カウントツール

テキスト要素カウントツールは、テキスト要素の割合の算出に特化したサムネイル画像判定ツールです

ツールをパソコンにダウンロードして動かす形式となっているため、RMSに未登録のサムネイル画像を判定する際に利用します。テキスト要素カウントツールの使い方は下記の5ステップです。

  1. RMSにログインする
  2. 「商品登録ガイドライン」ページからツールをダウンロードする
  3. zipファイルを解凍する
  4. 「input」フォルダに判定した画像を格納して「TextPercentTool.exe」を実行する
  5. テキスト要素が含まれるマスをクリックする

テキスト要素カウントツールは自動で判定してくれるわけではなく、手動でマス目を選択する仕組みです。複数のサムネイル画像を一度に判定すると時間がかかるため、こまめにチェックしましょう。

効果的なサムネイル画像を作る3つのコツ

効果的なサムネイル画像を作るコツは次の3つです。

  • ユーザーニーズや商品の便益、自社の強みを洗い出す
  • 訴求ポイントを決める
  • 訴求や目立ちやすさを考えてデザインする

ガイドラインを遵守することは重要ですが、ただルールを守ってサムネイルを作成するだけでは売上につながりません。下記で解説するポイントを踏まえて、売れるサムネイル画像にするための工夫を凝らしましょう。

1. ユーザーニーズや商品の便益、自社の強みを洗い出す

売れるサムネイル画像を作るポイントの1つ目は、ユーザーニーズや商品の便益、自社の強みなどを洗い出すことです。

サムネイル画像ではテキスト要素が20%以下に制限されているため、ポイントを絞って訴求しなくてはなりません。まずはユーザーニーズや商品の便益などから、訴求ポイントとなる要素を洗い出しましょう。サムネイル画像は競合商品と比較されるため、自社ならではの強みを見つけることも重要です。

たとえば”こたつテーブル+こたつ布団セット”の場合、下記の要素が考えられます。

ユーザーニーズリビングに馴染むおしゃれなこたつが欲しい、家族4人が広々入れるこたつが欲しい、すぐに暖かくなるこたつが欲しい、など
商品の便益冬の寒さを忘れて落ち着ける、一家団欒の場になる、など
自社の強みおしゃれなデザインで一年中使える、2秒で暖かかくなる、子どもと横並びで入れる、ランキング1位実績がある、など
スペックサイズ、カラーバリエーション、セット内容など

2. 訴求ポイントを決める

洗い出したニーズや自社の強みの中から訴求ポイントを選びます。

訴求ポイントの絞り込みでは、競合他社のサムネイルも参考にしましょう。「こたつセット」で検索してSEO上位表示される商品が下記の5つです。

5つのうち、3商品以上に下記のポイントが共通しています。

  • サイズを明記している
  • セット点数を明記している
  • 暖まるまでの速さを訴求している
  • モデルルームで使用イメージを見せている

「競合他社のサムネイルに共通している=ユーザーに刺さりやすい」と考えられます。ただし他社の訴求を真似するだけでは差別化ができません。

王道の訴求を踏まえたうえで、自社ならではのポイントを盛り込むことを意識しましょう。

3. 訴求や目立ちやすさを考えてデザインする

最後に、絞り込んだ訴求を最大限に伝えられるようなデザインを考えます。

単に要素を配置するのではなく色味やフォント、サイズなども考えなくてはなりません。ユーザーは色味やフォントの印象などの非言語要素から自然と情報を読み取ります。暖かさを訴求するために暖色を使うように、非言語情報も活用してデザインを組み立てましょう

また、商品画像自体を訴求に活用することも可能です。たとえば家族用のこたつを販売していて「子どもと並んで入れる」ことを推したい場合はどうでしょうか。テキストで「子どもと並んでもひろびろ」と記載せずとも、実際に並んで入ってる画像を利用するだけで十分に伝えられます。

引用:楽天市場

特にテキスト要素が制限されている楽天市場のサムネイル画像を作成する際は、非言語情報の活用を意識しましょう。

楽天市場のサムネイルに関するご相談ならFORCE-R

「楽天市場で効果的なサムネイル画像がわからない」「ガイドラインを守りながら売れるサムネイルを作るコツを知りたい」という方は、FORCE-Rへご相談ください

弊社は、楽天領域での豊富な実績を持つECコンサルティング企業です。サムネイル画像作成をはじめとした売上アップ施策の知見・ノウハウを持つコンサルタントが、お客様の専属として伴走いたします

まずはお気軽にお問い合わせください。お客様の状況にあわせて、最適なご提案をいたします。

まとめ|楽天市場のガイドラインを遵守してサムネイルを作成しよう

本記事では楽天市場におけるサムネイル画像の重要性やガイドラインの要件などを解説しました。

サムネイル画像はアクセス数やCVRに影響するポイントであり、競合店舗との差別化を意識して作成しなくてはなりません。しかしガイドラインに違反すると大きく売上を落ち込ませるペナルティを受ける可能性があります。

サムネイル画像を作成する際は、必ずガイドラインを把握したうえでツールも用いながら違反しないように注意して進めましょう。

「ガイドライン遵守と売上アップを両立できるサムネイル画像を作りたい」「楽天店舗運営のプロにサムネイル画像作成を依頼したい」とお悩みの方は、ぜひFORCE-Rへお問い合わせください。経験豊富なECコンサルタントが売上最大化をサポートいたします。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

アバター画像

執行役員 WEBコンサルティング事業部 ECグループ:本多 一成

EC事業会社にて、Amazon/楽天/Yahoo!ショッピングの運営、物流・CSなどに携わる。 その経験をもとに、各モールのコンサルタントとしてFORCE-Rに従事。 楽天市場が得意。担当案件では前年比200%の売上達成した実績も。

Pickup
注目記事