Column

楽天市場へ出店する方法は?出店時に必要な手数料や出店プランを紹介

  • 楽天市場へ出店する方法と流れは?
  • 楽天市場へ出店時に必要な手数料は?
  • 楽天市場へ出店するメリットやデメリットは?

上記のようにお悩みではないでしょうか。

楽天市場での売上拡大には、楽天市場の出店に関する知識を正しく把握しておくことが不可欠です。

本記事では楽天市場の出店方法やメリット、デメリットについて紹介していきます。楽天市場の出店について理解を深めておくことが、楽天市場で売上最大化を目指す第一歩です。

「楽天市場で売上を伸ばしたい」と考えている出店者の方は、ぜひ参考にしてください。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

楽天市場へ出店する方法と流れは?

楽天市場は日本最大手のECモールですが、初めての出店となると、どのような手続きや流れがあるのか疑問に思う方も多いでしょう。ここからは、楽天市場への出店から開店までの流れを詳しく説明します。

楽天市場への出店方法の流れ

出店を検討する際、まず楽天市場の公式サイトで出店のガイドラインや必要な手続きを確認しましょう。出店には2回審査があるため、まずは出店申し込みを行い、必要な書類を提出します。その後、楽天RMSアカウントを開設し、店舗デザインや商品情報を設定します。

全ての準備が整ったら、楽天からのオープン審査を受けることになります。審査を無事に通過すれば、あとはオープンを待つだけとなります。

出店代行を使う店舗も多い

楽天市場への出店は、特に初めての方には難しく感じる場面もあるかと思います。商品登録や店舗デザイン、さらには審査対策など、多岐にわたる作業が求められます。

そこで、出店代行サービスを利用する店舗もここ最近は増えています。楽天市場に詳しい専門家が手続きや設定をサポートしてくれるため、スムーズに楽天市場での店舗運営をスタートすることが可能となります。

楽天市場へ出店時に必要な手数料は?

楽天市場への出店を検討する際、多くの事業者が気になるのが出店に関連する費用です。楽天市場では、店舗のサイズや取り扱う商品の種類に応じて、3つの出店プランが用意されています。ここからは出店時の手数料や利用料、そしてそれぞれのプランについて詳しく解説します。

自由に選べる3つの出店プラン

楽天市場には、初心者から大手企業に対応するための3つの出店プランが存在します。それぞれのプランは、取扱商品数や月間売上、さらには提供される機能に応じて設定されています。

小規模プランからスタートして、ビジネスが成長するにつれてプランを変更することも可能です。そのため、事業の規模や目的に合わせて、最適なプランを選択することが求められます。

楽天市場が用意している3つの出店プランは下記の通りです。

がんばれ!プランスタンダードプランメガショッププラン
こんな人におすすめネットショップ運営の
ご経験が少ない事業者様におすすめ
目標とする月商が
約140万円以上の事業者様におすすめ
商品数や画像量が多く必要な事業者様におすすめ
月額出店料(税別)19,500/月
年間一括払
50,000/月
半年ごとの2回分割払
100,000/月
半年ごとの2回分割払
システム利用料(税別)月間売上高の
3.5~7.0%
月間売上高の
2.0~4.5%
月間売上高の
2.0~4.5%
登録可能商品数5,000商品20,000商品無制限※1
画像容量500MB まで5GB まで無制限※1
※1メガショッププラン「登録可能商品数」と「画像容量」は無制限ですが、それぞれの初期値は50,000商品と5GBです。
上限変更をご希望の場合は、いずれもその都度、商品数・容量アップをご申請いただきます。

出店料以外でかかる利用料

楽天市場での出店には基本的な出店料が必要ですが、それ以外にも細かなサービス手数料などがあります。ここから詳しく解説します。

楽天ポイントや楽天スーパーアフィリエイトの利用料

楽天市場の魅力の一つは、楽天ポイントの提供や楽天スーパーアフィリエイトといったプロモーションツールの利用が可能であること。これらのサービスを利用する際には、一定の利用料が必要となります。特に楽天ポイントは、購入者のリピート購入を促進する手段として非常に有効です。

R-Messe(アールメッセ)利用料

R-Messeは、楽天市場内での広告掲載を可能にするサービスです。店舗の商品をより多くのユーザーに知ってもらうための宣伝ツールとして、多くの出店者が利用しています。

利用料金はスタンダードプランおよびメガプランでは月々5,000円、その他のプランでは月々3,000円の利用料が発生します。

楽天ペイ(楽天市場決済)の利用料

楽天ペイは、楽天市場内での取引をスムーズに進行させるための決済サービスです。このサービスを利用することで、購入者は安心して商品の購入が可能となりますが、出店者側としては取引ごとに一定の手数料が必要となります。

オプションサービス利用料

楽天市場ではR-Mailや海外販売サービスなど、出店者がさらに販売を活性化させるための多くのオプションサービスを提供しています。これらのサービスにもそれぞれ利用料が設定されており、サービスの内容や目的に応じて選択することが求められます。

楽天市場に出店するメリット・デメリットとは?

楽天市場は多くの企業や個人が出店を検討する中、メリットやデメリットも存在します。ここからは楽天市場に出品するメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

楽天市場に出店するメリット

楽天市場に出店する最大のメリットは、その圧倒的な知名度と利用者数です。毎日数百万人のユーザーが楽天市場を訪れ、商品を検索・購入しています。この巨大な集客力は、新規でオンラインショップを開設する際には得がたい利点となります。

また、楽天市場内での広告サービスや販促ツールの充実も大きなメリットの一つ。これにより、より多くのユーザーに自店の商品をアピールすることが可能です。また、楽天経済圏のおかげでポイント制度なども充実しており、よりユーザーが楽天市場で商品を購入する理由の一つとなっています。

楽天市場に出店するデメリット

一方、楽天市場には出店する上でのデメリットも存在します。その一つが、出店料や取引手数料などのコストの問題です。楽天市場の利用料は他のプラットフォームと比較して高めであり、これが初期投資としてのハードルを上げる要因となります。

さらに、多くの競合店舗が存在するため、差別化を図ることの難しさもあるでしょう。楽天市場に店舗を出店する際は、これらのメリットとデメリットをしっかりと理解し、自店のビジネスモデルや戦略に合わせて、最適な選択を行うことが求められます。

楽天市場の出店審査は厳しい?

楽天市場への出店を検討する際、多くの方が気になるのが出店審査の厳しさです。楽天市場は国内最大級のオンラインショッピングモールであるため、その品質を保つためには一定の基準が必要とされます。

審査の内容自体は公開されており、店舗情報の正確性や取り扱う商品の適正性など、一般的にオンラインショップとして求められる基準を満たしているかを確認するものです。しかし、楽天市場のブランド力を考慮すると、他のオンラインモールと比較してもその基準はやや高いと感じるかもしれません。

しかし、この厳しい審査をクリアすることで、楽天市場というプラットフォームの強みを最大限に活用することが可能となります。楽天市場の審査は他の記事でも紹介しているので、そちらを参考にしてください。

楽天市場の審査は厳しいって本当?審査の流れや必要書類、審査にかかる期間を紹介

楽天市場の運営代行・コンサルティングならFORCE-R

「楽天市場の商品を出品したいが、メリットやデメリットがわからない」「楽天市場の出品はどのくらい手数料がかかるか把握したい」という方は、FORCE-Rへご相談ください。

弊社は、楽天領域での豊富な実績を持つECコンサルティング企業です。楽天市場をはじめとした楽天ショップ運営の知見・ノウハウを持つコンサルタントが、お客様の専属として伴走いたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。無料のアカウント診断を行っています。

まとめ|楽天市場のプランをしっかり理解して出店しよう

本記事では楽天市場の出店方法について解説しました。楽天市場では3つの異なるプランを選んで、出店することができます。

本記事で紹介した内容を参考に楽天市場での出店プランを選択し、実際に商品を出品しましょう。

「楽天市場の商品を出品したいが、メリットやデメリットがわからない」「楽天市場の出品はどのくらい手数料がかかるか把握したいという方は、ぜひ弊社FORCE-Rにご相談ください。お客様の状況に合わせて、コンサルティングや運営代行などのサポートをいたします。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

アバター画像

執行役員 WEBコンサルティング事業部 ECグループ:本多 一成

EC事業会社にて、Amazon/楽天/Yahoo!ショッピングの運営、物流・CSなどに携わる。 その経験をもとに、各モールのコンサルタントとしてFORCE-Rに従事。 楽天市場が得意。担当案件では前年比200%の売上達成した実績も。

Pickup
注目記事