Column

楽天市場の管理画面(RMS)とは?楽天RMSの機能やメリット、デメリットについて徹底解説

  • 楽天RMSとは?
  • 楽天RMSの主な機能は?
  • 楽天RMSのメリットやデメリットは?

上記のようにお悩みではないでしょうか。

楽天市場での売上拡大には、楽天RMSをしっかり活用できることが不可欠です。

本記事では楽天RMSの機能やメリット、デメリットについて紹介していきます。楽天RMSをしっかり活用できることが、楽天市場で売上最大化を目指す第一歩です。

「楽天市場で売上を伸ばしたい」と考えている出店者の方は、ぜひ参考にしてください。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

楽天RMSとは?

楽天RMSは、楽天市場に出店しているショップ運営者が自店舗の商品管理や受注処理を効率的に行うための専用のシステムです。このシステムを利用することで、楽天市場での販売活動がスムーズになります。

楽天RMSは商品情報の登録や更新、在庫の管理、受注データの確認や出荷作業のサポートなど、日々の業務を一元的に行えるツールとして設計されています。また、ショップの売上やアクセス解析のデータもRMSから確認でき、販売戦略の策定や改善に役立てることが可能です。

楽天市場に出店する際には、楽天RMSの利用が必須となるため、ショップ運営者はRMSをしっかり使えるようになることが求められます。

楽天RMSの主な機能

楽天RMSは、楽天市場の店舗運営者にとって欠かせない多機能なツールです。このシステムが持つ豊富な機能により、日々の業務が大幅に効率化されます。ここでは、その中でも特に重要な機能をいくつか紹介します。

受注管理

受注管理は、楽天RMSの中核をなす機能の一つです。受注商品の確認、発送の手配、顧客情報の管理など、販売に関連するさまざまな作業を集中的に行うことができます。これにより、発送までの迅速な対応が可能となり、顧客満足度の向上にも繋がります。

データ分析

楽天RMSでは、ショップの売上や訪問者数などのデータを詳細に分析することができます。これにより、販売戦略の最適化やマーケティング活動をよりスムーズに行うことが可能です。

メルマガ配信

楽天RMSでは顧客とのコミュニケーションを強化するためのツールとして、メルマガ配信機能も提供されています。新商品の情報やセールの告知など、タイムリーな情報を顧客に直接届けることができます。

その他

楽天RMSには上記の機能以外にも商品情報の一括更新や在庫管理、キャンペーンの設定など店舗運営に必要な多くの機能が備わっています。これらの機能を駆使して、効率的な店舗運営を目指しましょう。

楽天RMSを使って出店するメリット

楽天市場への出店を検討しているショップオーナーにとって、楽天RMSの利用は非常に魅力的です。楽天RMSを使用することで得られるメリットは数多くあり、ここからメリットについてそれぞれ詳しく解説します。

自由度の高い販売ページ制作もできる

楽天RMSを使用する最大のメリットの一つは、オンラインショップのページ制作における自由度の高さです。テンプレートがありながらも、独自のデザインやレイアウトを取り入れることが可能になります。これにより他のショップと差別化を図りつつ、ブランドイメージに合わせたオリジナルのページを構築することができます。

楽天市場の集客力を活かせる

楽天市場は、日本国内の主要なオンラインショッピングモールの一つとして、毎日数多くのユーザーが訪れます。この巨大な流入ユーザー層をターゲットに、RMSを使って自店の商品をアピールすることで、大量のアクセスや売上を獲得する可能性が高まります。特に新規オープンのショップやブランドの認知を高めたい場合、楽天市場の集客力は非常に有効といえるでしょう。

イベントやキャンペーンなどに参加できる

楽天市場は年間を通して様々な販促イベントやキャンペーンを実施しています。これに参加することで、ショップの露出を一気に増やすことができるだけでなく、限定のセールや特典を提供することで、新規顧客の獲得やリピート購入の促進につながります。

操作が簡単

楽天RMSは操作方法が簡単で、初心者の方でも直感的に操作が可能です。商品の登録から受注管理、データ分析まで、全ての機能が一元管理されており、効率的なショップ運営をサポートします。

サポート体制が充実している

楽天市場に出店する際の疑問やトラブルに対して、楽天のサポートチームが迅速に対応してくれます。また、セミナーやワークショップを定期的に開催しており、出店者のスキルアップを後押ししてくれるのも大きな魅力となっています。

楽天RMSを使って出店するデメリット

楽天RMSにはメリットも存在しますが、同時にデメリットもあります。特に、他のECサイトで複数の店舗展開を検討している企業や、出店の即時性を重視する事業者にとっては注意が必要です。ここからデメリットについて詳しく解説していきます。

他のECサイトなどでの多店舗出店には向いてない

楽天RMSは、楽天市場内の店舗管理に特化しています。他のECサイトなどで異なる店舗を持つ事業者はRMSを使って一括管理できないため、外部ツールを使って在庫管理を行うなど、店舗管理の面で煩雑さが増す可能性があります。

店舗の開設に時間がかかる

店舗ページなどを作り込む場合、出店にあたって楽天市場の審査や店舗ページのデザイン作成、商品の一括登録など、さまざまな手続きが必要となります。これらの手続きには時間がかかるため、迅速に業務を展開したい事業者には難点となるかもしれません。

店舗ページの作り込みと出店スピードはそれぞれしっかり意識して、運営していくことが大切です。

楽天市場の運営代行・コンサルティングならFORCE-R

「楽天RMSを活用したいが、操作がわからない」「楽天市場の出品を他の業者に任せているが、不満がある」という方は、FORCE-Rへご相談ください。

弊社は、楽天領域での豊富な実績を持つECコンサルティング企業です。楽天市場をはじめとした楽天ショップ運営の知見・ノウハウを持つコンサルタントが、お客様の専属として伴走いたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。無料のアカウント診断を行っています。

まとめ|楽天RMSをしっかり理解して運用しよう

本記事では楽天市場のRMSについて解説しました。楽天RMSは、楽天市場の店舗運営者にとって欠かせない多機能なツールです。

本記事で紹介した内容を参考に楽天RMSを正しく活用し、売上の分析などを行いましょう。

「楽天RMSを活用したいが、操作がわからない」「楽天市場の出品を他の業者に任せているが、不満がある」という方は、ぜひ弊社FORCE-Rにご相談ください。お客様の状況に合わせて、コンサルティングや運営代行などのサポートをいたします。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

アバター画像

執行役員 WEBコンサルティング事業部 ECグループ:本多 一成

EC事業会社にて、Amazon/楽天/Yahoo!ショッピングの運営、物流・CSなどに携わる。 その経験をもとに、各モールのコンサルタントとしてFORCE-Rに従事。 楽天市場が得意。担当案件では前年比200%の売上達成した実績も。

Pickup
注目記事