Column

楽天市場でRMSを使って売上分析!店舗運営に欠かせない具体的な分析方法を解説

  • RMSを使った楽天市場の売上分析とは?
  • 楽天市場の売上分析で押さえておくべきポイントは?
  • RMSデータ分析の中で見るべきポイントは?

上記のようにお悩みではないでしょうか。

楽天市場での売上拡大にはRMSを使った売上分析が不可欠です。

本記事では楽天市場の売上分析の方法について紹介していきます。楽天市場の売上分析について理解を深めておくことが、楽天市場で売上最大化を目指す第一歩です。

「楽天市場で売上を伸ばしたい」と考えている出店者の方は、ぜひ参考にしてください。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

RMSを使った楽天市場の売上分析とは?

楽天市場は日本を代表する大手ECモールであり、多くの出店者が日々競争を繰り広げています。この厳しい競争を勝ち抜くために売上分析が重要です。売上分析とは、出店者が自店舗の売上データを詳細に調査や解析することを指し、この分析を通じて商品の人気度や価格の適正性、プロモーションの効果など、様々な要素を洗い出します。

楽天市場のシステムであるRMS(Rakuten Merchant Server)を利用することで、出店者は自店の売上データやアクセス解析情報を取得できるため、具体的な売上の傾向や消費者の行動を分析できます。売上や在庫管理など、店舗運営に関わる全ての作業がRMS上で行われます。

例えばある商品が急に売れ行きが良くなった場合、それがどのようなプロモーションや価格戦略の結果であるのか、逆に売れ行きが悪化した場合、その原因となる要因は何であるのかを明確にすることが可能です。

売上分析を行うことで、出店者は適切な戦略や施策を策定し、業績の最適化を図ることができます。

楽天市場の売上分析で抑えておくべきポイント

楽天市場の店舗運営には、単に商品を出品するだけでなく、戦略的なデータ分析が欠かせません。データ分析を行うことで消費者の動向や競合の動きを把握し、適切な対策を立てることが可能となります。ここからは、楽天市場のデータ分析で特に抑えておくべき3つのポイントを詳しく解説します。

店舗運営者が必ず抑えておくべきデータ

楽天市場の店舗運営者として最も重要とされるデータは、売上、来店者数、コンバージョン率、客単価、広告効果です。これらのデータを日々チェックすることで、商品の人気度や広告、プロモーション効果、競合との差を定量的に把握することができます。

また、レビューやクチコミ、質問回答の内容も、消費者のニーズや意見を直接知る重要な情報源となります。さまざまな細かい情報を店舗運営に役立てることが重要です。

データ分析を行うべきタイミングや頻度

データ分析のタイミングや頻度は店舗の規模や業種、取り扱う商品によって異なりますが、最低でも月に1度は全体のデータを確認し、主要な指標の変動をチェックすることをおすすめします。

特にセールや年末年始などのイベント後は、数字の変動が大きいため、データ分析を行うことがとても重要です。また、季節やイベントに合わせての分析も効果的であり、次回の施策立案に活かすことができます。

毎日分析を行うことが理想ですが、店舗運営に無理のない範囲でデータ分析を行いましょう。

RMSを使って各データを確認する方法

RMSは楽天市場の店舗運営者向けのツールであり、ここから様々なデータを取得することができます。RMSのダッシュボードには、売上、来店者数、販売効果測定などの基本的なデータが一覧で表示され、さらに詳細な分析画面に移動することで、時系列や商品カテゴリー別の分析も可能です。

RMSを活用することで、日々の店舗運営の中で気づきにくい細かな変動を定量的に捉えることができます。

RMSデータ分析の中で見るべきポイントは?

RMSのデータ分析機能は、楽天市場の店舗運営者にとって非常に重要なツールです。この中には、店舗の運営状況や販売実績を一目で把握できる情報が詰まっています。今回はその中でも特に注目すべき5つのポイントについて解説します。

  • 店舗チェックシート
  • 店舗カルテ
  • アクセス・流入分析
  • 売上分析
  • 販促効果測定

店舗チェックシート

店舗チェックシートは、店舗の運営状況を一覧で確認できる機能で、主要な指標やアラート、改善提案などがまとめられています。このチェックシートを利用することで、店舗の課題や改善点を素早く把握できるため、日々の運営や戦略の策定に役立てられます。

特に販売実績や顧客の動向、広告の効果などを日々確認し、適切な対策を立てる際には欠かせないツールです。

店舗カルテ

店舗カルテは、店舗の販売実績や業績を詳細に分析するための機能です。過去のデータやトレンド、商品別の売上データなどを詳しく確認することができるため、戦略の策定や商品のプロモーション計画の立案に非常に役立ちます。

また、競合店舗との比較分析も行うことができるため、市場の動向や自店の強み弱みを正確に把握することが可能です。

アクセス・流入分析

楽天市場のRMSには、店舗へのアクセスや流入の状況を詳細に分析する機能が備わっています。このアクセス・流入分析を活用することで、どのような経路でユーザーが店舗に訪れているのか、どのページが多くのユーザーの関心を引いているのか、などの情報を得ることが可能です。

また、時間帯や曜日別のアクセス傾向も確認できるため、ターゲットユーザーの行動特性を把握し、最適なプロモーション活動や広告運用を計画するのに役立ちます。

売上分析

売上分析は、楽天市場での店舗運営において最も基本的な分析の一つです。RMSの売上分析機能を利用すると、日別、月別、年別の売上実績や商品別の売上ランキング、顧客別の購入実績など、多岐にわたるデータを簡単にチェックすることができます。

これらのデータをもとに、売れ筋商品の特定や次回の販促戦略の策定、在庫管理の最適化など、店舗運営に関する様々な判断材料を得ることができます。

販促効果測定

楽天市場で行う各種の販促活動や広告出稿の効果を正確に測定することは、ROIの最大化や次回の戦略策定に不可欠です。RMSの販促効果測定機能では、特定のキャンペーンや広告による売上増加分、クリック数やコンバージョン率などのKPIを詳細に分析できます。

そのため、どの販促手法が最も効果的であったのか、どの点を改善する必要があるのかを明確に把握し、より効果的なプロモーション活動を展開可能です。

楽天市場の運営代行・コンサルティングならFORCE-R

「楽天市場の売上を分析したいが、操作がわからない」「楽天市場の出品を他の業者に任せているが、不満がある」という方は、FORCE-Rへご相談ください。

弊社は、楽天領域での豊富な実績を持つECコンサルティング企業です。楽天市場をはじめとした楽天ショップ運営の知見・ノウハウを持つコンサルタントが、お客様の専属として伴走いたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。無料のアカウント診断を行っています。

まとめ|RMSの機能をしっかり理解して運用しよう

本記事では楽天市場の売上分析について解説しました。RMSを利用することで、出店者は自店の売上データやアクセス解析情報を取得できるため、具体的な売上の傾向や消費者の行動を分析できます。

そのため、本記事で紹介した内容を参考に楽天市場でRMSをしっかり活用し、売上分析を行いましょう。

「楽天市場の売上を分析したいが、操作がわからない」「楽天市場の出品を他の業者に任せているが、不満がある」という方は、ぜひ弊社FORCE-Rにご相談ください。お客様の状況に合わせて、コンサルティングや運営代行などのサポートをいたします。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

アバター画像

執行役員 WEBコンサルティング事業部 ECグループ:本多 一成

EC事業会社にて、Amazon/楽天/Yahoo!ショッピングの運営、物流・CSなどに携わる。 その経験をもとに、各モールのコンサルタントとしてFORCE-Rに従事。 楽天市場が得意。担当案件では前年比200%の売上達成した実績も。

Pickup
注目記事