Column

楽天市場の二重価格設定とは?3つの異なる価格設定や注意点について紹介

  • 楽天市場の二重価格設定とは?
  • 二重価格設定の設定方法は?
  • 二重価格設定における注意点は?

上記のようにお悩みではないでしょうか。

楽天市場での売上拡大には、楽天市場の二重価格設定について正しく理解しておくことが不可欠です。

本記事では楽天市場の二重価格設定の方法や注意点について紹介していきます。楽天市場の二重価格設定について理解を深めておくことが、楽天市場で売上最大化を目指す第一歩です。

「楽天市場で売上を伸ばしたい」と考えている出店者の方は、ぜひ参考にしてください。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

楽天市場の二重価格設定とは

楽天市場における二重価格設定は、商品の「通常価格」と「セール価格」を同時に表示する機能のことを指します。この機能を活用することで、消費者に対して商品がどれほど割引されているのかを明確に伝えることができます。

これにより、商品の価格的な魅力を強調し、消費者の購買意欲を高める効果が期待できます。しかし、かつては「元の価格を意図的に高く見せ、大幅な割引をアピールする」という不適切な利用例も見受けられました。

これはユーザーを誤解に導く行為であり、楽天市場のブランドイメージを損なう恐れがありました。このような背景から、楽天市場は二重価格設定に関する厳格なガイドラインを設けています。

現在、楽天市場で提供されている二重価格設定は3つの異なる価格設定が存在し、それぞれに特定のルールや条件が設けられています。店舗運営者はこれらのガイドラインを遵守しつつ、適切な価格表示を心掛けることが求められています。

当店通常価格での設定方法と注意点

楽天市場での「当店通常価格」の設定は、商品の基準となる価格として消費者に表示され、セールや割引の際の基準価格として機能します。設定方法は比較的シンプルです。

まず、RMSの商品管理画面にアクセスします。次に、商品詳細情報の編集ページに移動し、「当店通常価格」の欄に適切な価格を入力します。この時、実際に商品を販売する価格として妥当な金額を設定することが重要です。

メーカー希望小売価格での設定方法と注意点

楽天市場における「メーカー希望小売価格」の設定は、消費者に商品の価値を伝えるための基準として非常に効果的です。この価格はメーカーが推奨する小売価格であり、楽天市場内での商品価格として表示されるものではありませんが、これを設定することで商品の参考価格としての役割を果たします。

設定方法はRMSの商品情報編集画面にアクセスし、「メーカー希望小売価格」の項目に該当する金額を入力します。この際、正確にメーカーが提供する情報に基づいた価格を入力することが求められます。

注意点として、この「メーカー希望小売価格」は、あくまでメーカーが推奨する価格であるため、それを上回る価格で商品を販売することはやめましょう。また、この価格を適切に表示することで、消費者に「どれだけお得に購入できるのか」を明確に示すことができ、購買意欲を高める要因ともなり得ます。

商品価格ナビのデータ参照での設定方法と注意点

楽天市場での商品価格の設定において、「商品価格ナビのデータ参照」は非常に有用なツールとなっています。これは、同じ型番の商品の市場価格をまとめて複数表示できる機能で、ユーザーにとって最安値の商品を選びやすくなっています。

具体的な設定方法としては、RMSの商品情報編集画面から「商品価格ナビのデータ参照」の項目を選択します。ここで参照したい商品のキーワードやカテゴリを指定し、登録することで、商品価格ナビへの設定が完了します。

これによりユーザーは複数の商品価格の差を確認し、最安値の商品を選びやすくなります。また、店舗運営者にとっても適切な価格設定の参考とすることができます。

この機能を利用する上での注意点は、表示される価格はあくまで参考の1つであり、自店舗のコスト構造や戦略に基づいて最終的な価格を決定することが重要です。また、価格のみを追求するあまり、商品の品質やサービスの質を犠牲にしてしまうことは避けましょう。

二重価格が表示されない場合の対処法は?

楽天市場での商品販売において、二重価格表示は消費者に対して商品の価値を効果的に伝える手段となります。しかし、設定や操作の不手際で二重価格が正しく表示されない場合もあります。このような時、どのように対処すればよいのでしょうか。

まず、二重価格が表示されない場合、最も多いパターンは設定ミスです。楽天市場の管理画面、特に商品価格の設定部分を再確認しましょう。元値と割引後の価格、どちらも正確に入力されているか確認が必要です。

次に、楽天市場のシステム側の問題も考えられます。特定のブラウザやデバイスでのみ二重価格が表示されない場合、楽天市場のサポートセンターに問い合わせることをおすすめします。

また、楽天RMSのバージョンやプラグインの互換性も影響する場合があります。最新のアップデートを適用しているか、プラグインの設定に問題がないか確認してみましょう。

いずれの場合も、二重価格表示は消費者にとって大きな購買判断の要因となるため、早急な対処が求められます。正確な価格表示を心掛け、消費者の信頼を失わないよう努力しましょう。

二重価格設定は景品表示法にも要注意

楽天市場での商品価格表示は、消費者が商品の価格を判断する重要な情報源となっています。特に二重価格設定、つまり「元値」と「割引後の価格」を同時に表示する方法は、消費者に商品の魅力を伝える効果的な手段として多くの店舗で採用されています。しかし、この方法にはリスクも存在します。それは、日本の「景品表示法」に抵触する可能性があるからです。

景品表示法は、消費者を誤認させるような不当な表示を禁止しており、その中に「二重価格表示」に関する規定も含まれています。具体的には、元値として表示する価格が実際の市場価格と大きく乖離している場合や、元値が過去に実際に適用されたことのない価格である場合などは、法的に問題となる可能性があります。

楽天市場に出店する店舗としては、この法規制を十分に理解し、適切な価格表示を心がけることが求められます。特に元値として表示する価格の根拠や、その価格が過去に実際に適用された期間など、詳細な情報を明確にすることが重要です。

不適切な価格表示は、法的リスクだけでなく、消費者の信頼を損なう要因ともなりますので、適切な運用を心がけることが必要です。

楽天市場で二重価格のルールに違反するとどうなる?

楽天市場での取引は多くの店舗と消費者が集まる場所であり、厳格なルールが設けられています。特に価格表示に関するルールは、消費者を守るため、また公平な取引を保持するために重要です。二重価格表示に関するルールもその1つですが、このルールを違反した場合、具体的にどのようなペナルティが科されるのでしょうか。

まず、楽天市場内で二重価格のルール違反を検知した場合、楽天側からの警告が店舗に対して発されることが一般的です。この警告には、違反内容の指摘や訂正を求める内容が含まれています。訂正が迅速に行われない場合、店舗ページの一時停止や、最悪の場合は楽天市場からの出店停止処分が下されることも考えられます。

さらに、二重価格表示が景品表示法に抵触する場合、法的なペナルティも考えられます。罰金や業務停止命令など、厳しい制裁が科される可能性があります。

店舗としては、楽天のガイドラインだけでなく、法律を遵守する意識も持つことが重要です。適切な価格表示を心がけることで消費者の信頼を維持し、長期的な取引の安定を図ることができるでしょう。

楽天市場の運営代行・コンサルティングならFORCE-R

「楽天市場の二重価格設定について、効果的な設定方法がわからない」「楽天市場の出品を他の業者に任せているが、不満がある」という方は、FORCE-Rへご相談ください。

弊社は、楽天領域での豊富な実績を持つECコンサルティング企業です。楽天市場をはじめとした楽天ショップ運営の知見・ノウハウを持つコンサルタントが、お客様の専属として伴走いたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。無料のアカウント診断を行っています。

まとめ|楽天市場の二重価格設定をしっかり理解して運用しよう

本記事では楽天市場の二重価格設定について解説しました。楽天市場の二重価格設定を用いることで、商品の価格的な魅力を強調し、消費者の購買意欲を高める効果が期待できます。

本記事で紹介した内容を参考に楽天市場の二重価格設定についてしっかり理解し、商品を出品しましょう。

「楽天市場の二重価格設定について、効果的な設定方法がわからない」「楽天市場の出品を他の業者に任せているが、不満がある」という方は、ぜひ弊社FORCE-Rにご相談ください。お客様の状況に合わせて、コンサルティングや運営代行などのサポートをいたします。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

アバター画像

執行役員 WEBコンサルティング事業部 ECグループ:本多 一成

EC事業会社にて、Amazon/楽天/Yahoo!ショッピングの運営、物流・CSなどに携わる。 その経験をもとに、各モールのコンサルタントとしてFORCE-Rに従事。 楽天市場が得意。担当案件では前年比200%の売上達成した実績も。

Pickup
注目記事