Column

楽天SKUプロジェクトとは?楽天SKUプロジェクトの特徴や注意点を紹介

  • 楽天SKUプロジェクトとは?
  • 具体的に変わった点は?
  • 楽天SKUプロジェクトの注意点は?

上記のようにお悩みではないでしょうか。

楽天市場での売上拡大には、楽天SKUプロジェクトを正しく把握しておくことが不可欠です。

本記事では楽天SKUプロジェクトの概要や注意点について紹介していきます。楽天SKUプロジェクトについて理解を深めておくことが、楽天市場で売上最大化を目指す第一歩です。

「楽天市場で売上を伸ばしたい」と考えている出店者の方は、ぜひ参考にしてください。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

楽天SKUプロジェクトとは?

楽天市場をはじめとする多くのECサイトにおいて、商品の一意な識別子としてSKU(Stock Keeping Unit)が用いられています。しかし、楽天市場におけるSKUの概念と楽天SKUプロジェクトについて、多くの出店者やユーザーが詳しく知らないことも少なくありません。

楽天SKUプロジェクトは、2023年4月から始まった取り組みで、楽天市場における商品情報の一元管理と効率的な運用を目的としたものです。具体的には各ショップが独自に持っている商品IDとは別に、楽天市場全体で統一された商品ID(SKU)を導入することで、サイズやカラーが違う場合でも、価格が異なる商品を1つの商品ページにまとめられるようにした取り組みです。

このプロジェクトの大きな利点として、消費者にとっては同じ商品を異なるショップ間で簡単に比較・検討できるようになる点が挙げられます。一方で出店者にとっては、統一された商品IDを利用することで、在庫管理や商品情報の更新など、バックオフィスの業務効率が大幅に向上します。

楽天市場が提供するこのSKUプロジェクトは、EC市場のさらなる発展を目指す中での一環として、出店者と消費者双方の利益を追求した革新的な取り組みといえるでしょう。

楽天SKUプロジェクトのメリット

比較的新しく始まった楽天SKUプロジェクトですが、購入者、販売者ともに多くのメリットがあります。ここからはそれらのメリットについて詳しく解説していきます。

商品が簡単に比較できるようになった

楽天SKUプロジェクトの導入により、楽天市場内での商品検索が、これまでよりもはるかにシンプルかつ効率的になりました。従来、異なるショップで同じ商品が異なる商品IDで管理されていたため、同じ商品を探す際には各ショップのページを一つひとつ確認する必要がありました。

しかし、楽天SKUプロジェクトの導入により、同じ商品が楽天市場全体で一つの商品IDに統一されることとなり、消費者は1つの商品ページで複数のショップの価格やサービスを比較することが可能になりました。

例えばTシャツのSMLサイズを全て確認したい場合、購入者は別のページに飛んで、サイズや価格を確認する必要がありました。しかし、楽天SKUプロジェクトの導入により、1つの商品ページ内で確認することができるようになったのです。

商品情報の信頼性の向上

統一された商品IDの導入は、商品情報の正確性や信頼性の向上にも寄与しています。異なるショップが同じ商品について異なる情報を掲載することが少なくなり、消費者はより正確な商品情報を元に購入するかどうか決められるようになりました。

これにより、商品到着後のトラブルや返品、交換のリクエストが減少することも期待されています。

ページ統一によるレビューの充実度アップ

楽天SKUプロジェクトで販売者側の1つの大きな変化として「ページの統一」が挙げられます。これまで異なるショップが独自の商品IDで商品を管理していたため、同じ商品でも複数の商品ページが存在していました。しかし、SKUプロジェクトの導入により、同じ商品は一つのページに集約。

これにより、それぞれの店舗が過去積み上げてきた売上や商品レビューが1つのページに集約されることとなり、商品ページそのものの魅力や信頼性が一段と向上しています。また、商品ページの統一は、新たな顧客を引きつける面でも大きなメリットがあります。

従来は商品ごとに異なるページを運営していたため、新規顧客がその商品を購入する際の判断材料として、売上やレビューの情報が分散していました。しかし、SKUプロジェクトによるページの統一により、顧客はより簡単に商品の評価や人気度を判断することができるようになったのです。

楽天SKUプロジェクトで注意すべきポイント

楽天SKUプロジェクトの導入に際して、多くのメリットがある一方で、運用面での注意点や課題も確認しておく必要があります。特に店舗運営者側での、主な3つの注意点について詳しく解説します。

問い合わせ数の増加

楽天SKUプロジェクトの導入により、商品ページが集約されることで、消費者からの問い合わせが増加する可能性が高まります。特に、同じ商品に関して異なる店舗が取り扱っている場合、消費者がどの店舗に問い合わせをするかの判断が難しくなることが考えられます。

これにより、自店舗に関係のない問い合わせも受けることが増えるかもしれません。そのため、迅速かつ適切に対応するカスタマーサポート体制の整備が不可欠となります。

店舗管理者の負担の増加

商品ページの統一化は、一見すると管理が楽になるかのように思えます。しかし、実際にはページの統合や商品のサイズを1cm単位で登録しないといけないなど細かな作業が求められるため、管理者の作業負担が増大する可能性があります。

また、各店舗ごとの特色やキャンペーンを際立たせるための工夫や、競合店舗との差別化を図る取り組みが必要となるため、このような業務もこれまで以上に増えることが予想されます。

楽天市場内でのアルゴリズムの変化

楽天SKUプロジェクトの導入に伴い、楽天市場内での検索結果の表示順やアルゴリズムにも変更が生じる可能性があります。これにより、これまでの楽天SEO対策やマーケティング戦略が通じなくなることもあるでしょう。

新しいアルゴリズムに適応し、最適な商品表示を維持するための対策や新しいマーケティング手法の導入が必要となります。

楽天市場の運営代行・コンサルティングならFORCE-R

「楽天市場のSKUプロジェクトがよくわからない」「楽天市場の出品を他の業者に任せているが、不満がある」という方は、FORCE-Rへご相談ください。

弊社は、楽天領域での豊富な実績を持つECコンサルティング企業です。楽天市場をはじめとした楽天ショップ運営の知見・ノウハウを持つコンサルタントが、お客様の専属として伴走いたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。無料のアカウント診断を行っています。

まとめ|楽天市場のSKUプロジェクトをしっかり理解して運用しよう

本記事では楽天市場のSKUプロジェクトについて解説しました。楽天SKUプロジェクトは、2023年4月から始まった取り組みで、楽天市場における商品情報の一元管理と効率的な運用を目的としたものです。

そのため、本記事で紹介した内容を参考に楽天市場でのSKUプロジェクトについて正しく理解し、商品を出品しましょう。

「楽天市場のSKUプロジェクトがよくわからない」「楽天市場の出品を他の業者に任せているが、不満がある」という方は、ぜひ弊社FORCE-Rにご相談ください。お客様の状況に合わせて、コンサルティングや運営代行などのサポートをいたします。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

アバター画像

執行役員 WEBコンサルティング事業部 ECグループ:本多 一成

EC事業会社にて、Amazon/楽天/Yahoo!ショッピングの運営、物流・CSなどに携わる。 その経験をもとに、各モールのコンサルタントとしてFORCE-Rに従事。 楽天市場が得意。担当案件では前年比200%の売上達成した実績も。

Pickup
注目記事