Column

【必見】楽天市場の定期購入の設定方法やメリット、デメリットを紹介

  • 楽天市場の定期購入とは?
  • 楽天市場の定期購入のメリデメは?
  • 楽天市場の定期購入の設定方法は?

上記のようにお悩みではないでしょうか。

楽天市場での売上拡大には定期購入の活用が不可欠です。しかし、楽天市場の定期購入の特徴や定期購入のメリット、デメリットについても深く理解しておく必要があります。

本記事ではその中でも、楽天市場の定期購入について紹介していきます。定期購入システムの特徴やメリデメ、設定方法などをしっかり理解することが、楽天市場で売上最大化を目指す第一歩です。

「楽天市場の定期購入システムを活用して売上を伸ばしたい」と考えている出店者の方は、ぜひ参考にしてください。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

楽天市場の定期購入システムとは?

楽天市場の定期購入システムは、ユーザーが一度購入するだけで、定期的に商品が自宅に届けられる便利なサービスです。これにより、生活必需品やお気に入りのアイテムを手間なく定期的に購入できるようになりました。

しかし、すべての商品が定期購入に適しているわけではありません。ここからは定期購入の仕組みや向いている、向いていない商品について解説していきます。

定期購入とは

定期購入とは、あらかじめ設定したスパンで同じ商品を繰り返し購入するサービスのことを指します。例えば、毎月15日に洗剤や化粧品を配送する設定が可能です。

購入者目線での定期購入の利点は、一度設定すれば毎回の購入手続きを省略できること、そして多くの場合、定期購入限定の割引や特典が受けられることです。また、販売者にとっても毎月の在庫管理が楽になったり、安定した売上が毎月見込めることも利点となります。

定期購入に向いている商品

定期購入が特に向いているのは、日常的に消費や使用される商品です。例として、シャンプーや歯磨き粉、コーヒーカプセル、サプリメントなどが挙げられるでしょう。

これらは日常生活を送るうえで、毎日または一定のスパンで使用されるため、消費者は常に新しいものを必要とします。購入者にとっては定期購入を利用することで、これらの商品を絶えずストックしておく手間が省けます。

定期購入に向いていない商品

一方で定期的な購入が必要でない、または特定の時期や状況でのみ必要とされる商品は、定期購入に向かない場合があるでしょう。例えば、高価な電化製品やファッションアイテム、季節商品などがこれに該当します。

これらの商品は、一度購入すればしばらくの間は再購入の必要がないか、または次回購入時には新しいモデルやデザインを選びたいと思うことが多いため、定期購入に向いていません。

楽天市場の定期購入のメリット

楽天市場の定期購入は、楽天市場の中でも便利なシステムの一つとなります。定期購入には購入者にも店舗事業者にも、多くのメリットが存在しているのです。楽天市場の定期購入のメリットとして、以下の3点が挙げられます。

  • 毎月一定の売上が入る
  • 店舗内の回遊率が上がる
  • 通常購入よりもリピート率が高くなる

これらのメリットについて詳しく解説していくので、ぜひ最後までチェックしてください。

毎月一定の売上が入る

定期購入システムを導入する最大のメリットは、毎月安定した売上が見込めることです。顧客が一度定期購入を選択すれば、その後は自動的に毎月の発注と出荷が行われるため、予測しやすい収益を確保できます。

また、在庫管理も楽になるため、店舗運営の安定性を高めることが可能です。店舗事業を行ううえで、毎月安定した収益が見込めることはとても重要なメリットになります。

店舗内の回遊率が上がる

定期購入者は、商品の受け取りや定期購入の設定変更のために定期的に店舗を訪れることになります。その際に他の商品やキャンペーンへ触れる機会が多くなるため、店舗内の回遊率を向上させる可能性があります。

新商品の展示やセールの告知を効果的に行えば、定期購入者が他の商品も購入するきっかけとなるため、さらなる売上アップが見込めるでしょう。

通常購入よりもリピート率が高くなる

定期購入システムは、顧客と店舗の長期的な関係を築く手段としても機能します。一度定期購入を選んだ顧客は、商品の品質やサービスに満足していることが多いため、リピート率が通常の単発購入よりも高くなる傾向があります。

これにより、長期的な顧客の獲得と安定した売上の継続が期待できる点がメリットです。

楽天市場の定期購入のデメリット

楽天市場の定期購入システムは、在庫管理の手軽さや店舗の売上アップにも寄与する優れた仕組みです。しかし、定期購入システムを活用する際はメリットだけでなく、デメリットも存在します。

ここから定期購入システムのデメリットについて詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

在庫切れに注意しなければいけない

楽天市場の定期購入サービスは、継続的な商品の提供を顧客に行うシステムです。あらかじめ来月いくつの商品が発注されるか予測がしやすいため、在庫の管理がしやすくなります。しかし、在庫を絶対に切らせてはいけないというリスクも同時に存在します。

例えば、在庫の管理ミスや商品発送時のトラブルにより商品が不足、あるいはお届けできないことが発生すると顧客からの信頼を失います。これが続くと、退会やキャンセルの増加という形で売上が下がることもあるため注意が必要です。

楽天市場内の人気ランキングに載りにくい

楽天市場の人気ランキングは、多くのショップにとって新規顧客の獲得や売上アップの大きなチャンスとなるでしょう。しかし、定期購入での売上は楽天市場の人気ランキングの対象外となるため、商品のインプレッションが他の店舗と比べて低下し、売上も上がりにくいことが予想されます。

人気ランキングに掲載されないと、新規ユーザーの獲得や売上アップが難しくなるため、定期購入以外での売上を上げることも意識しなければいけません。

ポイント還元の設定は最初の設定が続く

楽天市場での定期購入サービスの特徴の一つとして、ポイント還元が挙げられます。これにより顧客が定期購入を続けても、毎月の決済ごとにポイント還元が行われます。

しかし、2回目以降の購入でもポイント還元は初回購入の設定となるため、購入者に対してもその旨をしっかり伝えておく必要があります。事前にしっかりと仕組みを説明することで、購入後のトラブルも少なくなります。

クーポンや楽天ポイントの使用はできない

楽天市場の定期購入サービスでは、クーポンや楽天ポイントの使用はできません。そのため、定期購入を検討してくれる顧客には、通常購入よりも価格を安くしたり、定期購入限定でのキャンペーンなどを行うといいでしょう。

定期購入の設定方法

ここまで楽天市場の定期購入システムのメリットやデメリットについて解説してきました。しかし、実際に定期購入システムを登録する手順を把握しておかなければ、活用はできません。そこで、ここからは定期購入の設定方法について解説していきます。

RMSから申請

定期購入システムは、楽天市場の管理画面(RMS)からの申請が必要です。下記に手順をまとめましたので、参考にしてください。

  1. 店舗様向け情報・サービスをクリック
  2. オプション機能利用申込・解約をクリック
  3. 定期購入・頒布会購入から申請

定期商品ページを登録

定期商品ページを登録する際も、楽天市場の管理画面(RMS)から下記の手順で登録してください。

  1. 店舗設定をクリック
  2. 商品登録・更新をクリック
  3. 商品ページ設定をクリック
  4. 定期購入商品登録から登録

楽天市場の運営代行・コンサルティングならFORCE-R

「楽天市場の定期購入システムを利用したいが、ノウハウがない」「売上アップの施策を代理店に任せているが、成果に不満がある」という方は、FORCE-Rへご相談ください。

弊社は、楽天領域での豊富な実績を持つECコンサルティング企業です。広告運用をはじめとした楽天ショップ運営の知見・ノウハウを持つコンサルタントが、お客様の専属として伴走いたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。無料のアカウント診断を行っています。

まとめ|定期購入システムを活用して売上をアップさせよう

 

本記事では楽天市場の定期購入システムについて解説しました。楽天市場の定期購入システムは、ユーザーが一度購入するだけで、定期的に商品が自宅に届けられる便利なサービスです。

本記事で紹介した内容を参考に、定期購入システムを活用してみましょう。

「楽天市場の定期購入システムを利用したいが、ノウハウがない」「売上アップの施策を代理店に任せているが、成果に不満がある」という方は、FORCE-Rへご相談ください。お客様の状況に合わせて、コンサルティングや運営代行などのサポートをいたします。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

アバター画像

執行役員 WEBコンサルティング事業部 ECグループ:本多 一成

EC事業会社にて、Amazon/楽天/Yahoo!ショッピングの運営、物流・CSなどに携わる。 その経験をもとに、各モールのコンサルタントとしてFORCE-Rに従事。 楽天市場が得意。担当案件では前年比200%の売上達成した実績も。

Pickup
注目記事