Column

楽天市場でCTR(クリック率)を上げる施策3選|RPP広告のコツも解説

  • 楽天市場でCTRを上げるには?
  • 楽天RPP広告のCTR向上には何をすればいい?

上記のようにお悩みではないでしょうか。

楽天市場をはじめとしたECサイトにおいて、CTRは売上方程式(売上 = インプレッション × CTR × CVR × 顧客単価)を構成する要素の1つです。楽天市場での売上を拡大させるには、CTRの改善が欠かせません。

本記事では、楽天市場の自然検索・RPP広告でのCTRを上げる施策を解説します。「商品ページへの流入を増やして売上を拡大させたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

楽天市場でCTR(クリック率)を上げる3つの施策

楽天市場でのCTRを向上させる施策は次の3つです。

  • サムネイル画像を改善する
  • 商品名を改善する
  • レビューを増やす

上記の施策は、自然検索・RPP広告の両方に共通して効果的です。改善インパクトが大きいため、優先的に実行しましょう。

楽天市場でCTRを上げるためには、競合商品と一緒に検索結果画面に表示された段階で差別化を図ることが重要です。下記で具体的な施策を解説します。

1. サムネイル画像を改善する

楽天市場でCTRを上げる施策の1つ目はサムネイル画像の改善です。

検索結果画面に商品が並んだとき、サムネイル画像がもっとも目立ちます。一目でユーザーの興味を引けるように、競合商品との差別化を図りましょう

具体的には下記のポイントを意識します。

  • 権威性を示す(例:〇〇ランキング1位)
  • 機能面での強みやメリットをアピールする
  • ベネフィット(ユーザーにとっての恩恵)を訴求する
  • 特典情報を記載する

ただし訴求を詰め込みすぎると、ユーザーが情報量を処理しきれず魅力を伝えられません。またテキスト要素は画像全体の20%以下という規定もあります。

訴求を絞って複数パターン作成し、ABテストを行いましょう。

2. 商品名を改善する

商品名の改善も、楽天市場でCTRを上げるには効果的です。次の3つのポイントを意識して、魅力的な商品名を設定しましょう。

  • どのような商品かわかりやすく簡潔に説明する
  • 他店舗との差別化になるメリットや強みを訴求する
  • 強くアピールしたい内容を前半に持ってくる

楽天市場では商品名を全角127文字まで入力できますが、検索結果画面に表示されるのは35文字程度です。差別化になる要素は冒頭に持ってきて、競合商品よりも魅力的であることをアピールしましょう

CTRと直接的に関係しているわけではありませんが、サジェストを網羅して楽天市場でのSEO対策を意識することも重要です。

商品名にも、サムネイルと同様にガイドラインが設定されています。権威性を示す販促文言は使用しない・配送に関して言及しないなどの点に注意してください。

3. レビューを増やす

楽天市場でのCTRを上げるポイントの3つ目はレビューを増やすことです。

楽天市場のようなECサイトでは、ユーザーは商品を手に取ることができません。したがって「どのような使用感なのか」「信頼できる商品なのか」を、レビューを参考に判断します。レビュー数が多くて評価が高ければ、ユーザーに「良い商品なんだ」と思ってもらえるためクリックされやすくなるのです

下記のようなレビュー施策を行なってレビューを積み重ねていきましょう。

  • レビュー記入へのインセンティブ付与
  • フォローメール
  • 同梱物でのレビュー依頼

ただし高評価レビューを依頼することやサクラレビューなどは規約で禁止されているため注意しなくてはなりません。低評価レビューを参考にした商品改善が本質的なレビュー施策である点も覚えておきましょう。

▼関連記事
楽天市場のレビューを増やす施策5選!効率的な方法や注意点も解説

楽天RPP広告のCTR(クリック率)を上げる施策

楽天市場のRPP広告でCTRを上げるために効果的な施策は、手動でキーワードを設定して複合キーワードを狙うことです。複合キーワードとは「電子レンジ オーブン」のように2つ以上の単語を掛け合わせたキーワードを指します。

単一キーワード複合キーワード
「電子レンジ」「電子レンジ オーブン」
検索ボリューム多い少ない
CTR低くなりやすい高くなりやすい

自動配信でも関連性の高いキーワードに広告を配信してくれますが、完璧ではありません。ニーズがズレているキーワードに配信されていると、どうしてもCTRは低くなってしまいます。

手動で複合キーワードを設定してRPP広告を配信することで、ピンポイントなニーズを抱えているユーザーへのアプローチが可能です。ユーザーが求めているものと自社商品との乖離がなくなり、クリックしてくれるユーザーの割合を高められます。

楽天市場の売上アップならFORCE-R

「自社商品のCTRを上げて商品ページへの流入を増やしたい」「楽天市場での売上拡大方法がわからない」とお悩みの方は、ぜひFORCE-Rへご相談ください

弊社は、楽天市場での豊富な実績があるECコンサルティング企業です。CTR向上・件数アップのノウハウを持つコンサルタントが、お客様の売上最大化へ向けて伴走いたします。

楽天市場のショップ運営にお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。お客様の状況に合わせて、最適な提案をさせていただきます。

まとめ|CTRを上げて楽天市場での売上拡大を目指そう

本記事では楽天市場でのCTR向上方法を解説しました。

CTRは売上方程式の構成要素です。楽天市場での売上拡大にはCTR改善が欠かせません。本記事で紹介した内容を参考に、CTR向上施策を実行しましょう。

「自社に必要なCTR向上施策がわからない」「施策を実行するリソースがない」という方は、ぜひ弊社FORCE-Rにご相談ください。お客様の状況に合わせて、コンサルティングや運営代行などのサポートをいたします。

楽天市場SEO攻略マニュアル

無料で資料を受け取る

アバター画像

執行役員 WEBコンサルティング事業部 ECグループ:本多 一成

EC事業会社にて、Amazon/楽天/Yahoo!ショッピングの運営、物流・CSなどに携わる。 その経験をもとに、各モールのコンサルタントとしてFORCE-Rに従事。 楽天市場が得意。担当案件では前年比200%の売上達成した実績も。

Pickup
注目記事