Column

Amazon DSP広告とは?3つの特徴や配信面、利用方法などを解説!

  • Amazon DSPとは?
  • Amazonのスポンサー広告と何が違う?
  • Amazon DSPを利用するには?

上記のようにお悩みではないでしょうか。

Amazon DSPはAmazonが提供している広告手法のひとつですが、掲載面や配信方法などはスポンサー広告と大きく異なります。しかしAmazon DSPはスポンサー広告よりも利用者が少ないこともあり、入手できる情報は多くありません。

本記事ではAmazon DSPの概要や特徴、配信方法などを解説します。「Amazon DSPを活用して売上を拡大したい」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

Amazonで売上を上げるための完全攻略資料

無料で資料を受け取る

DSPとは?

DSPはDemand Side Platformの略で、費用対効果を高めたい広告主のためのサービス(広告配信プラットフォーム)です。SSP(Supply Side Platform)と呼ばれるメディア(広告枠を売る側)のためのサービスと連携し、広告主とメディアをマッチングすることで広告配信を行います。

DSPを利用した広告配信の仕組みは下記のとおりです。

  1. 広告主がDSPに広告を出稿
  2. ユーザーがメディアに訪問
  3. メディアがSSPに広告リクエスト
  4. SSPがDSPに入札リクエスト
  5. DSPがSSPに入札を提示
  6. SSPがメディアに最高額のDSPを報告
  7. メディアがDSPに広告配信をリクエスト
  8. DSPがメディアに広告を配信

Amazon DSPはAmazonが運営・提供しているDSPサービスで、Amazon外の提携サイトも配信面に含まれます。Amazon内で配信できる広告メニューであるスポンサー広告とは仕組みや用途が異なる点を覚えておきましょう。

▼関連記事
【2023最新】Amazon広告とは?種類・特徴や成功させるコツを解説

Amazon DSPの3つの特徴・メリット

Amazon DSPの導入を検討する際は、特徴やメリットを把握しておくことが重要です。3つのポイントに分けて解説するので、参考にしてください。

1. Amazon内外に広告を配信できる

Amazon DSPの1つ目の特徴は、Amazon以外の面にも広告を配信できることです。

スポンサー広告は基本的にAmazon内で広告配信を行う一方、Amazon DSPはAmazon外の提携サイトへの配信にも対応しています。配信面を広げて広告表示回数や売上を一気に拡大したい場合におすすめです。

ただし提携サイトのユーザーはAmazon内のユーザーほど購買意欲が高くないため、Amazon DSP単体でROASを合わせることは現実的ではありません。Amazon DSPではブランディングや認知拡大を目的として広告を配信し、アトリビューションやブランド認知度で効果を判断しましょう

※アトリビューションとは
…ユーザーがCVするまでに接触した各要素に対して、CVに対する貢献度を割り振ること。最終的にCV経路となったもの以外の手法を正しく評価するために用いられる。

2. Amazonの購買データをターゲティングに活用できる

Amazon DSPでは、Amazonの膨大な購買データを活かして精緻なターゲティングができます。

Amazonは国内で約5,000万人が利用する最大級のECサイトであり、保有しているデータも他社の比ではありません。閲覧だけではなく購入やリピートまで把握しているユーザーデータを活用して、精度の高いターゲティングが可能です。

したがってAmazon DSPは狙ったユーザーに広告を露出させやすく、Amazon以外のサイトに配信する広告形式のなかではCPAが合いやすいと言えます

3. Amazonに出品していなくても利用できる

Amazonに出品していなくても利用できる点も、Amazon DSPの特徴のひとつです。

Amazon DSPは数多く存在するDSPサービスの一種であり、出品者向けに用意されたスポンサー広告ではありません。Amazon出品者の広告主は「エンデミック」・Amazon出品者ではない広告主は「ノンエンデミック」として区別がなされますが、両者ともAmazon DSPを利用できます

エンデミックがAmazon DSPを利用するメリット・Amazon外からAmazon内(商品ページ)に引き込める
ノンエンデミックがAmazon DSPを利用するメリット・Amazon内からAmazon外(自社ECサイト)に引っ張り出せる
・Amazonが蓄積するデータを活用できる

Amazon DSPの配信面

Amazon DSPの配信面は、大きく「Amazon内の各ページ」「Amazon外の提携サイト/アプリ」の2パターンです。Amazon内の各ページは「オンサイト」、Amazon外のサイト/アプリは「オフサイト」と呼ばれます。

オンサイト配信面(Amazon内)

オンサイト配信面では、Amazon内の余っている広告在庫(広告掲載枠)に配信されます。具体的な掲載箇所は下記の3つです。

  • トップページ
  • 検索結果ページ
  • 商品ページ

スポンサー広告と広告在庫を共有しているため、スポンサー広告を配信したことがある方はイメージしやすいでしょう。

オフサイト配信面(Amazon外)

オフサイト配信面では提携サイトや、連携しているSSPおよびアドエクスチェンジなどに配信されます

※アドエクスチェンジとは
…広告枠を交換し、広告配信を最適化するための仕組み・サービス。

具体的な配信面の一部が下記です。

  • 朝日新聞デジタル
  • オールアバウト
  • Retty

配信面が広くインプレッションが増えることはメリットですが、広告運用のテクニックが求められることも覚えておきましょう。運用スキルがないまま配信面を広げても、ROASを合わせられず赤字に終わる可能性が高いです

Amazon DSPで利用できる主な3つのターゲティング

Amazon DSPで利用できる主なターゲティングの種類を、3つ紹介します。

膨大な広告在庫からピンポイントで購買意欲の高いユーザーに配信するには、ターゲティングを活用した絞り込みが不可欠です。あらかじめ確認しておきましょう。

1. ホットカスタマーターゲティング

Amazon DSPで利用できるターゲティングの1つ目は「ホットカスタマーターゲティング」です。

ホットカスタマーターゲティングでは、過去30日間のAmazonでの行動履歴にもとづいてターゲティングを行います。たとえば「30日以内に「ベッドフレーム」カテゴリーの商品を閲覧したユーザー」などです。

「特定カテゴリーの商品ページを直近で閲覧している≒特定カテゴリーの商品の購買意欲が高い」ユーザーを狙い撃ちできるため、高い費用対効果を見込めます。

2. ライフスタイルターゲティング

Amazon DSPで利用できる2つ目のターゲティングは「ライフスタイルターゲティング」です。

過去1年間のAmazonでの購入・閲覧履歴を活用してライフスタイルを推定し、ユーザーを絞り込みます。ターゲティングできるライフスタイルの具体例として、下記が挙げられます。

  • ファミリー
  • 旅行好き
  • コスメ・ビューティー関心層

購買意欲ではなくライフスタイルでターゲティングするため「ホットカスタマーターゲティング」と比較するとCPAは高騰しやすい点に注意しましょう。

3. リターゲティング

Amazon DSPではリターゲティング配信もできます。リターゲティングとは、特定のページを訪問したユーザーを追跡して広告を配信する手法です

Amazon DSPのリターゲティングでは、タグを埋め込んだ自社サイトや商品ページだけではなく競合ASINも設定できます。「競合商品Aの商品ページを訪問したユーザーに、自社商品Xの広告を配信する」という設定が可能です。

単純な新規獲得だけではなく、競合からのスイッチングも狙えることがAmazon DSPにおけるリターゲティングの特徴です

Amazon DSPの配信費用

Amazon DSPの配信費用は月額35,000米ドル(約470万円)〜です

Amazonスポンサー広告では自由に広告費を設定できる一方、Amazon DSPでは35,000米ドルの最低出稿金額が定められています。400万円〜500万円ほどの広告予算を、余裕を持って用意することが難しい場合は出稿をやめておきましょう。

またAmazon DSPの課金形式は、広告表示1,000回あたりに費用が発生するCPM(Cost Per Mille)課金です。獲得広告よりも認知広告に合っている課金形式と言えます。

Amazon DSPで配信を始める方法

Amazon DSP配信を始めたい場合は、Amazon担当者もしくはAmazon DSP代理店に連絡しましょう

前提として、Amazon DSPは個々の事業者(広告主)が始めたいときに始められる媒体ではありません。Amazon本体もしくはAmazonに認められた代理店が運用する仕組みです。

自社で気軽に運用を始められない仕組みアカウント構成にも表れています。Amazon DSPに広告出稿するには「Entity」という代理店アカウント内に「Advertiser」という広告主用のアカウントを作成しなくてはなりません。

代理店やAmazon担当者とつながって「Entity」というアカウント内に自社用のアカウントを作成できなければ、広告配信もできないのです。Amazon DSPを利用したい場合、まずはAmazon担当者や広告代理店に問い合わせましょう。

Amazon広告に関するご相談ならFORCE-R

「Amazon広告を配信したいが、ノウハウがない」「運用を代理店に任せているが、成果に不満がある」という方は、FORCE-Rへご相談ください

弊社は、Amazon領域での豊富な実績を持つECコンサルティング企業です。広告運用をはじめとしたAmazon運営全般の知見・ノウハウを持つコンサルタントが、お客様の専属として伴走いたします

まずはお気軽にお問い合わせください。無料のアカウント診断を行っています。

まとめ|Amazon DSPを活用して広告を配信しよう

Amazon DSPは、スポンサー広告とは大きく異なる広告手法です。仕組みや配信面、ターゲティングなどを把握したうえで実施判断をしましょう。

「手法単体でROASを合わせながら新規獲得を伸ばしたい」「Amazon内の検索順位を上げたい」という段階であれば、Amazon DSPよりもスポンサー広告をおすすめします

Amazon広告運用についてお悩みの方は、FORCE-Rにご相談ください。経験豊富なコンサルタントがお客様の状況に合わせてご提案いたします。

アバター画像

執行役員 WEBコンサルティング事業部 ECグループ:本多 一成

EC事業会社にて、Amazon/楽天/Yahoo!ショッピングの運営、物流・CSなどに携わる。 その経験をもとに、各モールのコンサルタントとしてFORCE-Rに従事。 楽天市場が得意。担当案件では前年比200%の売上達成した実績も。

Pickup
注目記事