Column

ECサイトのささげとは「撮影・採寸・原稿」を指す用語!重要性とアウトソーシングのメリットを解説

「ECにおいてささげ業務が重要と言われる理由を知りたい」
「写真撮影や文章作成のノウハウがなくて悩んでいる」
「ささげ業務をアウトソーシングしているがクオリティに満足していない」

上記のようにお悩みではありませんか。ECサイトにおける「ささげ」は「撮影」「採寸」「原稿」のことであり、競合他社と差別化を図れるポイントです。ささげ業務のクオリティによっては、顧客からのクレームにつながるだけでなく、自社の評判を下げる恐れがあります。

そこで本記事では、ECサイト運営でささげが重要と言われる理由からアウトソーシングする際の注意点まで詳しく解説していきます。ささげ業務の精度や効率化に課題を感じている方は、ぜひ参考にしてください。

ECサイトの「ささげ」とは「撮影・採寸・原稿」

ECサイトの「ささげ」とは「撮影」「採寸」「原稿」それぞれの頭文字を取った用語です。実店舗と異なり実際に商品を見て触れられないECサイトでは、正確にサイズや質感といった特徴を伝えることが重要です。

写真や文章で的確に情報を届けられなければ、消費者は安心して商品を購入できません。「ささげ」はクオリティ次第で、売上に影響を及ぼす重要な業務です。

ささげ以外にもECに関する専門用語はたくさんあるので、詳しく解説している関連記事の「EC運営で使われる用語を「基本」「システム」「マーケティング関連」に分けて徹底解説」もぜひご覧ください。

ECサイトにおける「ささげ」業務の内容

ここでは「撮影」「採寸」「原稿」それぞれの業務内容を解説します。異なるスキルが要求されるため、業務内容への理解度を深めておきましょう。

1. 撮影

撮影業務では、ECサイトの商品ページへ掲載するための画像を準備します。商品の撮影だけでなく、画像の編集や加工までを担当します。商品の写真は、消費者の購買意欲を大きく左右する重要なポイントです。

トップページや一覧の中から、商品ページをクリックしてもらうためには、サムネイル画像(1番最初に目にする画像)が特に重要です。光の当たり方や撮るアングルを工夫して、商品の特徴や魅力を伝えると同時に、消費者の興味を引く写真に仕上げましょう。

また色味やサイズ感を正確に伝えることで、消費者が購入後の商品に感じるギャップを少なくできます。

2. 採寸

採寸業務では商品のサイズを正確に測り、数字で消費者に伝えます。仕入れの段階で製造業者からサイズを伝えられることもありますが、実寸と異なっている可能性があるため改めて測り直すことが大切です。

ECは実店舗と違い直接商品を見て確認できないため、各箇所のサイズを正確に伝えることが求められます。商品ページへ記載しているサイズが実物と異なると、クレームや返品・返金対応を迫られ信用度の低下につながってしまいます。

アパレル系の商品では、特にサイズ感が重要です。消費者に正確な情報を伝えるだけでなく、配送料金にも関わってくるため正確に測りましょう。

3. 原稿

原稿では、商品の情報をテキストで補足するほか、キャッチコピーや商品タイトルを作成します。消費者の興味を引く文章を作成できれば、購入率を高めて売上アップにつながります。

また原稿では、写真だけでは伝えきれない商品の「素材」や「質感」のほか、取り扱う上での「注意点」などを伝えることが目的です。商品のケア方法や保管方法など、注意点を事前に知らせておくことで、クレームや問い合わせを少なくできます。「利用シーン」についても言及することで、消費者が購入後のイメージを持ちやすくなります。原稿を書く際は抽象的な表現は控えて、誰にでも伝わる言葉を使いましょう。

ささげ業務がECサイトで重要な3つの理由

ささげ業務では、商品が持つ魅力やサイズ感を写真と文章で消費者へ正確に伝えることが目的です。そのため、ECサイトを運営する中でも重要な業務に位置づけられます。ここでは、ささげ業務が重要と言われる理由を3つの視点から解説します。

1. 提供する情報で売上が変わる

ささげ業務のクオリティは、売上に影響する重要なポイントです。ECサイトでは、写真や商品タイトルで消費者の興味を引いてクリック率を高めなければなりません。特に多くの競合サイトが立ち並ぶAmazonや楽天市場のECモールへ出店している場合は、ファーストインプレッションで差別化を図ることが重要です。

商品ページへアクセスしてもらった後も、利用シーンをイメージしてもらうことで購買意欲を高められます。提供する情報次第で購入率は異なってくるため、写真のバリエーションを増やすなどの対策を行いましょう。

ECサイトの売上をアップさせる方法については、関連記事の「【保存版】ECサイトの売上をアップさせる施策10選!成功事例も紹介」で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

2. 消費者の不安解消につながる

ささげ業務では、消費者の不安を解消させることも重要です。複数の商品写真や動画を用意することで商品の具体的なイメージを持つことができ、「手に取って確認できない不安」を軽減できます。また素材や質感、サイズなどを細かく記載して消費者に届けることで、問い合わせや購入後のクレームを減らせます。

ECサイトの利用における不安感を取り除き、購入前のイメージと商品到着後のギャップを小さくすることで自社の信頼性アップへつながります。顧客の満足度を高められれば、リピート購入も期待できますので、さらなる売上アップも可能です。

リピート率に関しては関連記事の「リピート率とは?業界別ECサイトの平均値と向上させる施策を解説」で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

3. 問い合わせ・返品・クレームを減らせる

ささげ業務のクオリティが高ければ、顧客からの問い合わせや返品、クレームを減らすことにつながり効率よく運営業務を行えます。そのためサイズや質感はもちろん、顧客が疑問に感じそうなポイントを事前に調査して商品ページへ記載しておきましょう。

万が一、顧客が購入前に得ていた情報と実際の商品が異なる場合は「返品・返金」の対応が求められる可能性があります。「返品・返金対応」となれば時間もコストも掛かるほか、商品や自社への悪い評判へとつながってしまう恐れがあります。

一度悪評がついてしまうと、顧客の競合他社への流出も免れません。顧客が欲しい情報を想定して、ささげ業務を正確に行うようにしましょう。

ささげ業務をアウトソーシングする3つのメリット

ささげ業務には、専門的な技術と知識を要します。そのため、社内ではリソースの確保が難しくアウトソーシングするケースも多いです。そこでここでは、ささげ業務を外部委託するメリットを解説します。アウトソーシングを適宜活用して、作業効率を高めていきましょう。

1. 業務の効率化

ささげ業務をアウトソーシングすると、限られた社内のリソースを商品開発やマーケティング業務に割けるため、効率よくECサイトの運営を行えます。特にアパレル系企業となれば、豊富なアイテムやシーズンによる変化など、ささげ業務の負担が大きくなりがちです。

アウトソーシングすることで、業務の効率アップだけでなく、担当者の負担軽減にもつながります。また、ささげ業務には専門的な知識と技術を要するため、社内で対応する場合は人材の育成が必要です。アウトソーシングを活用すれば、人材育成の手間を省ける点もメリットです。

2. 高いクオリティを維持できる

ささげ業務では写真撮影や採寸のほか、原稿の作成に高い精度が求められます。専門的な知識と技術を持った業者へアウトソーシングできれば、クオリティを下げることなく正確な情報を消費者へ提供可能です。

ささげ業務を専門とする業者であれば、消費者に「欲しい」と思わせるための撮影方法や原稿作成のノウハウを持っているため、高い品質で制作してくれます。

一方でささげ業務を社内で行う場合は、担当者の変更などによるクオリティの低下が懸念されます。また十分なスキルを持っていたとしても、他の業務と同時進行しているケースでは高い水準を維持することは困難です。アウトソーシングを活用すれば、社内の人事異動やその他の業務に「ささげ」のクオリティが左右されません。

3. 新商品のスピーディーな販売が可能

ECサイトの運営業務は「ささげ」だけではありません。「受注管理」や「問い合わせ対応」のほか「マーケティング業務」など、多岐にわたります。そのため、新商品を発売しようにも負担の大きい「ささげ業務」に手が回らず、狙ったタイミングで発売ができないケースもあります。

そこで「ささげ業務」をアウトソーシングすることで、準備期間の短縮が可能です。新商品のリリースが滞ってしまうと消費者の関心を引けず、顧客が他社へ流出する恐れがあります。そのため適宜アウトソーシングを活用して準備業務を効率化し、新商品を狙ったタイミングで発売しましょう。

ささげ業務をアウトソーシングする際の注意点

ささげ業務のアウトソーシングには、良い面だけでなく注意すべき点もあります。課題となる点を事前に把握して対策をしましょう。

1. 費用対効果を考える

一般的にささげ業務を1件アウトソーシングするごとに、平均2,500〜3,000円のコストが掛かります。モデルの起用や屋外での撮影となれば、さらに追加でコストが掛かってくるため、費用対効果を考えなければなりません。

仮に、ささげ業務を社内で対応する場合でも、必要機材の購入やモデルへのコストは必要です。それでも一度完成したものは一定期間利用できるほか、新商品を発売するペースを把握しておけば計画的に予算編成を行えます。

2. 依頼する業者によってスキルに差がある

写真撮影や原稿のライティングスキルは、業者によってさまざまです。ささげ業務のクオリティは、自社ECサイトの売上や信頼性に直結するため、慎重に依頼先を見極めなければなりません。

また、高いスキルを持っていたとしても、納品物が自社の求めるイメージとは異なるケースもあります。複数の業者を試しながら、完成形のイメージを共有できる外注先を探しましょう。

3. 発売日の設定が難しい

ささげ業務をアウトソーシングする場合は、発売日の設定が課題となります。データが納品されるまでは、LPや特集ページの作成を進められません。

納品までの期間が早い業者であっても、一般的に4〜7日程度は掛かります。また1回目の納品でクオリティに満足できない場合は、修正を依頼することになり追加で時間が必要です。最悪の場合は社内で修正する必要もあるため、予定通りの発売が困難となってしまいます。

ささげ業務の精度や効率にお悩みならFORCE-R

FORCE-Rでは、マーケティングに関するコンサルティングのほかに運営業務の代行にも対応しており、ささげ業務の担当も可能です。経験豊富な専門のスタッフが、クライアントの目的や予算を考慮して最善の方法を提案いたします。

またFORCE-Rでは、保有するノウハウやデータをすべて提供いたします。社内の人材育成を進めつつ、ささげ業務を内製化するサポートも可能です。ささげ業務の精度や効率にお悩みの企業さまは、ぜひ以下のリンクからお問い合わせください。

まとめ|ささげ業務でECサイトの差別化を図ろう

ECサイトのささげとは「撮影」「採寸」「原稿」の頭文字を取った用語です。商品の撮影からサイズチェック、キャッチコピーまでを作成する業務で、競合他社と差別化を図る上で重要なポイントとなります。

ささげ業務のクオリティは、消費者の購買意欲を高めることや自社ECサイトの信頼性につながるため重要です。商品が持つ特徴や魅力を正確に消費者へ伝えることで、ECサイトの売上アップにつながります。アウトソーシングも活用しながら、ささげ業務のクオリティを向上させましょう。

アバター画像

執行役員 WEBコンサルティング事業部 ECグループ:本多 一成

EC事業会社にて、Amazon/楽天/Yahoo!ショッピングの運営、物流・CSなどに携わる。 その経験をもとに、各モールのコンサルタントとしてFORCE-Rに従事。 楽天市場が得意。担当案件では前年比200%の売上達成した実績も。

Pickup
注目記事